泉由有樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
泉 由有樹
Yuki Izumi
泉由有樹投手.jpg
2019年9月28日江戸川区球場より
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都
生年月日 (1994-10-10) 1994年10月10日(25歳)
身長
体重
173 cm
kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
蒲田女子高等学校
レイア(2013年 - 2014年)
兵庫ディオーネ(2015年 - 2017年)
埼玉アストライア(2018年 - 2019年)

泉 由有樹(いずみゆうき、1994年10月10日 - )は東京都出身の女子プロ野球選手である。血液型はB型。ポジションは投手。

妹は女子プロ野球選手の泉由希菜[1]

経歴[編集]

プロ入りまで[編集]

墨田区立鐘淵中学校は軟式野球部に所属し、在学中に関東中学校軟式野球大会に出場[2]

蒲田女子高等学校では、硬式野球部に所属。

プロ入り後[編集]

2013年に、ノース・レイアに入団。同年は15試合に登板し、防御率3.36・1勝2敗1セーブという成績を記録した。

2014年はルーキーイヤーよりも防御率が悪化したが、一方でプロ入り初完投完封を記録した。

2015年から、兵庫ディオーネに移籍した。移籍1年目のシーズンは、20試合の登板で防御率3.52・6勝8敗・45奪三振・37四球を記録。勝利や奪三振の他、完封や投球回等の部門で、自己最多ないし最多タイ (2018年度シーズン終了時点) の数値を記録した。

2016年は、14試合の登板で防御率3.38・4勝2敗2ホールドを記録。シーズンで勝ち越したのは、この年が初だった。また、自身初の個人タイトルとなる最多ホールド投手賞を受賞した。

2017年は、23試合の登板で2年連続の勝ち越しとなる6勝4敗という成績を記録。防御率も自身初の2.00台 (2.70) をマークした。

2018年からは埼玉アストライアへ移籍。自己最多の25試合に登板し、通算100試合登板を達成した。ただ、防御率4.55は自身ワースト且つリーグワースト2位で、与四球でも自身2度目のリーグワースト1位となった。

2019年11月1日、今季限りで女子プロ野球リーグを退団することが発表された。[3]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2013 レイア 15 - 0 0 0 1 2 1 0 .333 170 33.1 30 0 34 - 5 11 2 0 20 16 3.36 1.92
2014 16 - 1 1 0 3 7 0 0 .300 288 60.0 64 0 45 - 2 28 5 0 44 33 3.85 1.82
2015 ディオーネ 20 - 4 2 2 6 8 0 0 .429 410 91.2 101 1 37 - 12 45 5 0 54 46 3.52 1.50
2016 14 - 2 0 0 4 2 0 2 .667 282 60.0 65 1 31 - 12 16 5 0 35 29 3.38 1.60
2017 23 - 1 0 0 6 4 2 1 .600 353 75.1 83 2 35 - 14 31 5 0 38 29 2.70 1.57
2018 アストライア 25 - 0 0 0 2 3 0 0 .400 238 44.2 62 0 43 - 4 15 3 0 30 29 4.55 2.35
2019 16 - 0 0 0 1 1 2 0 .500 152 29.2 30 0 31 - 6 10 4 0 25 16 3.78 2.26
JWBL:7年 129 - 8 3 2 23 27 5 3 .460 1893 393.2 435 4 256 - 55 156 29 0 246 198 3.52 1.90
  • 2019年度シーズン終了時。
  • 「-」は記録なし。
  • 太字はリーグ1位。

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2013 レイア 16 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
2014 15 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 - - - -
2015 ディオーネ 20 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 - - - -
2016 15 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 - - - -
2017 23 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 - - - -
2018 アストライア 25 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
2019 16 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 - - - -
JWBL:7年 130 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
  • 2019年度シーズン終了時。
  • 「-」は記録なし。
  • 太字はリーグ1位。

タイトル[編集]

  • 最多ホールド:1回 (2016年)

背番号[編集]

  • 20 (2013年 – 2014年)[4]
  • 17 (2015年 - 2017年)
  • 18 (2018年 - 2019年)

脚注[編集]

  1. ^ 日本女子プロ野球リーグ・ニュース(2014年10月16日)
  2. ^ twitter(Masanao)
  3. ^ http://topics.smt.docomo.ne.jp/article/hochi/sports/20191101-134-OHT1T50200?utm_source=dmg&utm_medium=7
  4. ^ レイア公式ブログ(2014年4月4日)