泉芳けい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「泉芳璟」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

泉 芳璟(いずみ ほうけい、1884年2月23日 - 1947年12月28日[1])は、浄土真宗の僧、仏教学・サンスクリット学者。

三重県津市安濃町安部の円称寺に生まれる。1907年真宗大学卒。1918-19年インド、ヨーロッパに学ぶ。真宗大学教授、大谷大学教授、同図書館長。[2]真宗大谷派学僧。

著書[編集]

  • 『力と命』仏教学会 布教叢書 1917
  • 『仏教地獄極楽論』法蔵館 1918
  • 『印度愛経文献考』文芸資料研究会 変態文献叢書 1928
  • 『印度旅日記』発藻堂書院 (発売) 1928
  • 『印度漫談』人文書院 1931
  • 『佛教文学史 (上)』 佛教年鑑社 1933
  • 『佛教文学史 (下)』 佛教年鑑社 1934
  • 『梵文無量寿経の研究』顕真学苑出版部 1939
  • 『仏教文学の鑑賞 仏教経典を中心として』青年仏教叢書 三省堂 1940
  • 『地獄と極楽 来世思想の考察』法蔵館 1941
  • 『入門サンスクリット』三笠書房 現代語学叢書 1944

翻訳[編集]

[編集]

  1. ^ 『人物物故大年表』
  2. ^ 『月の王子・ナラ王物語』訳者紹介