泊瀬部皇女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
泊瀬部皇女
続柄 天武天皇皇女
出生 686年以前?
死去 741年4月18日
配偶者 川島皇子
父親 天武天皇
母親 宍人カジ媛娘
テンプレートを表示

泊瀬部皇女(はつせべのひめみこ、朱鳥元年(686年)以前?[1] - 天平13年3月28日741年4月18日))は、飛鳥時代の皇族。天武天皇の皇女で、母は宍人臣大麻呂の娘、カジ媛娘。同母きょうだいに忍壁皇子磯城皇子託基皇女がいる。夫は川島皇子

大宝律令施行後は泊瀬部・長谷部内親王[2]とも記述される。持統5年(691年)、川島皇子が死亡した時、万葉集巻2 194-195に柿本人麻呂が献じた歌がある。夫の死後再婚せず、天平9年(737年)2月14日三品に昇進、4年後の天平13年(741年)3月28日に死去した。

血縁[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 父・天武天皇の崩御した686年以前の誕生になると思われる
  2. ^ 続日本紀霊亀元年(715年)正月甲午条など