法医学教室の長い一日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

法医学教室の長い一日』(ほういがくきょうしつのながいいちにち)は、1986年11月7日日本テレビ金曜ロードショー」の特別企画として放送された単発のテレビドラマ(テレフィーチャー)である。

1985年6月12日に「水曜ロードショー」時代に放送された『法医学教室の午後』が好評だったため、それによる第2弾である。

概要[編集]

横浜。早朝、神奈川医大法医学教授の新島(菅原文太)の自宅に神奈川県警の課長浜田(日下武史)から死体の解剖をしてほしいの電話が入った。新島が新聞に目を通すと記事には「13歳の少女、母親を殺す」の見出しだった。若手の教室員小林章(大江千里)と司法解剖した結果、死因はアルコール性肝硬変による病死であることがわかり、結局殺人罪ではない。やはり新聞を見た女子中学生の少女(遠藤由美子)は殺人と思って失踪し自殺を図ろうとしていた。少女は自宅に電話をかけ小林が説得に当たるが信用をしない。さらなる手段として新島はテレビのワイドショー番組でも必死に呼びかけるが、新島と新聞記者高田(鶴見辰吾)とで取材のあり方でもめ事となる。果たして、少女は無事見つかるのか…。

出演[編集]

ほか

スタッフ[編集]

  • 脚本・監督:大森一樹
  • 原作:西丸輿一(朝日新聞社「法医学教室の午後」。横浜市立大学医学部名誉教授)
  • 音楽:矢込弘樹
  • 製作:シネマ・ハウト、日本テレビ

補足[編集]