法王 (百済)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
法王
Baekje-monarchs(26-31).PNG
各種表記
ハングル 법왕
漢字 法王
発音 ポプワン
日本語読み: ほうおう
ローマ字 Beop-wang
テンプレートを表示

法王(ほうおう、生年不詳 - 600年)は、百済の第29代の王(在位:599年 - 600年)。

第28代恵王の長男。諱は宣、または孝順ともいう。599年に恵王の死去を受けて即位した。『隋書』百済伝では昌(第27代威徳王)の子とし、余宣の名で現れる。

仏教を厚く信仰していた王で、即位の年の12月に殺生禁止令を出し、民家で育てる鷹をすべて野に放たせ、狩りに使われる道具も焼却した。600年には王興寺の建立を開始し、僧侶30人を得度させた。また、旱魃が続いたため、漆岳寺で雨乞いを行った。同年5月に死去し、法王と諡された。

王興寺は次の武王の35年(634年)に完成した。寺址は忠清南道扶余郡窮岩面新里の蔚城山山腹とされている。

参考文献[編集]