法神流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

法神流(ほうしんりゅう)は、日本剣法流派古武道である。

概要[編集]

楳本法神によって上野国奥利根薗原村で起こった。楳本自身は「白正流」を称していたともいわれる。現在の群馬県において、門下3千といわれるほど隆盛した。

高弟の須田房吉(のち房之助)、森田与吉、石田寿吉の3名は「法神流の三吉」と称され、須田が二代目を継承した。

須田は1820年文政3年)、前橋道場を開き、1826年(文政9年)に江戸へ進出。1829年(文政12年)、利根郡で結婚した。

1830年(文政13年)、平川不動尊に流儀名を掲額したことによって神道一心流中沢伊之助の恨みを買い、須田と森田が銃撃され、須田が死亡、生き残った森田が三代目を継承した。

約100年後の1929年昭和4年)、法神流出身の持田盛二剣道天覧試合で優勝し、近代剣道界でも有名となった。

小説[編集]

関連人物[編集]

参考文献[編集]