波乗りジョニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
桑田佳祐 > 波乗りジョニー
波乗りジョニー
桑田佳祐シングル
初出アルバム『TOP OF THE POPS
B面 黄昏のサマー・ホリデイ
MUSIC TIGER
PRIDEの唄 〜茅ヶ崎はありがとう〜(LIVE in 大阪城ホール)
リリース
規格 12cmCDCD EXTRA
12インチレコード
デジタル・ダウンロード
ストリーミング
録音

2000年2月 - 2001年5月
猫に小判STUDIO
VICTOR STUDIO 401st (#1 - 3)


2000年10月31日
大阪城ホール (#4)
ジャンル ロック
時間
レーベル タイシタレーベル
作詞・作曲 桑田佳祐
プロデュース 桑田佳祐
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(通算2週、オリコン[2]
  • 2001年7月度月間1位(オリコン)
  • 2001年8月度月間7位(オリコン)
  • 2001年度年間4位(オリコン)
桑田佳祐 シングル 年表
奇跡の地球
1995年
波乗りジョニー
(2001年)
白い恋人達
(2001年)
TOP OF THE POPS 収録曲
波乗りジョニー
(1)
黄昏のサマー・ホリデイ
(2)
ミュージックビデオ(Full ver.)
「波乗りジョニー」 - YouTube
ミュージックビデオ(Short ver.)
「波乗りジョニー」 - YouTube
テンプレートを表示

波乗りジョニー」(なみのりジョニー、英語: Johnny the Surfer)は、桑田佳祐の楽曲。自身の6作目のシングルとして、タイシタレーベルから2001年7月4日に発売された。

2016年2月26日にはダウンロード配信、2019年12月20日にはストリーミング配信を開始した[3][4]

背景・リリース[編集]

ソロ名義としては「祭りのあと」以来、約7年ぶりとなるシングル[5]

本作のアナログ盤には特製の水着が付属しており、タイシタレーベル発足後以降に発売されたサザン及びソロ作品全てに印刷されているマークも、本作用にアレンジされたものになっている。ジャケットのイラストは鈴木英人によるもので、桑田がタイアップのついたコカ・コーラを飲む姿が描かれている。クレジットには“このイラストは日本コカ・コーラ社の許諾を得ています”と記載されている。

受賞歴[編集]

チャート成績[編集]

2001年7月16日付のオリコン週間ランキングで初週51.9万枚を売り上げて初登場1位を獲得した。その後、同年7月30日付の同ランキングでも2週間ぶりに1位を獲得した。返り咲きの首位獲得は、自身としては初の快挙となった[2][7][8]。累計売上は111.1万枚(オリコン調べ)を記録しており、自身のソロシングルとしては初のミリオンセラーを達成した[9]

収録曲[編集]

  • 収録時間:15:40
  1. 波乗りジョニー (4:25)
    (作詞・作曲・編曲:桑田佳祐 / 管編曲:山本拓夫 / 弦編曲:島健
    自身出演のコカ・コーラ「No Reason」キャンペーンCMソング。また、ユニクロ「LifeWear」CMソング[注 1]
    タイトルは桑田が地元である茅ヶ崎市から青山学院大学まで電車で通学していた際に考えたものであり、大学生の頃から「いつかこのタイトルで曲を作ろう」と思っていたと後年明かしている[11][12]。ふと思い浮かんだ『波乗りジョニー』というフレーズを25年以上温め続けた[12]
    ミュージック・ビデオ静岡県下田市の入田浜で撮影し[13]、桑田が扮する架空の人物「古賀紅太」[注 2]サーフィンをするシーンがある。サーフィンのシーンは桑田本人が実際に行っており、特設サイトの解説には「サーフィンシーンはもちろん、海の中のシーンもスタントなし!」と書かれている[14]。また、途中にあるプールでの歌唱シーンは、サザンのファンクラブ会員が抽選でエキストラとして参加している[14]。この時に桑田が使用した「サーフボード型放水ギター」は桑田のアイディアにより、特注で制作されたという[14]
    MVにサザンのメンバーの野沢秀行が数秒登場する。
    2009年にオリコンが調査した「ビーチソングランキング」では1位を獲得したほか[15]、2018年に同社が調査した「平成夏ソングランキング」では7位にランクインしている[16]
  2. 黄昏のサマー・ホリデイ (5:36)
    (作詞・作曲・編曲:桑田佳祐 / 英語補作詞:岩本えり子 / 弦編曲:島健)
    イントロには風鈴といった夏を感じさせる音が入っている。
    歌詞には日本語をローマ字標記に置き換えた言葉遊びが存在する[17]
  3. MUSIC TIGER (2:25)
    (作詞・作曲・編曲:桑田佳祐)
    自身出演のフジテレビ音楽冠番組桑田佳祐の音楽寅さん 〜MUSIC TIGER〜』オープニングソング。
    曲のタイトルは同番組のサブタイトルをそのまま使っている。
    楽器は全て[注 3]桑田が担当。同番組で共演しているユースケ・サンタマリアが合いの手で参加している[18]。歌詞に登場する「工藤ちゃん」は、番組プロデューサーの工藤浩之(ケイマックス)のことであり、またおちまさとの名前も登場している[18]
    本楽曲の制作、レコーディングの模様は同番組で2週にわたって放送された(第3・4回放送)[19]
  4. PRIDEの唄 〜茅ヶ崎はありがとう〜(LIVE in 大阪城ホール) (3:31)
    (作詞・作曲・編曲:桑田佳祐)
    2000年10月31日に大阪城ホールで開催されたPRIDE小川直也VS佐竹雅昭の試合前に、飛び入りで桑田が参加し、その際に歌った音源を収録している。歌の制作や飛び入り参加の模様は『音楽寅さん』で2週にわたって放送された(第5・6回放送)[19]
    楽曲はオリジナルに作られたものであり、歌詞には小川、佐竹の名前が登場する。アコースティック・ギター一本で歌われた弾き語りのものになっている[19][20]

参加ミュージシャン[編集]

カバー[編集]

波乗りジョニー

収録アルバム[編集]

ミュージック・ビデオ収録作品[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2021年に使用[10]
  2. ^ コカ・コーラのもじり。フルバージョンでは、冒頭部分で「波乗りジョニー」の宣伝会議シーンが収録されており、古賀紅太はそのチーフという設定である。
  3. ^ レコーディングエンジニアとマニピュレーター以外。

出典[編集]

  1. ^ The Record p8 日本レコード協会 2020年11月13日閲覧
  2. ^ a b 桑田佳祐、5年ぶりソロ作が1位!“連続1位”歴代トップに! オリコン 2007年5月22日配信, 2020年11月13日閲覧
  3. ^ 桑田佳祐“還暦記念” ついにソロ全211曲配信解禁 オリコン 2016年2月26日配信・閲覧
  4. ^ サザン関連全972曲 サブスク一斉解禁 メンバーソロ曲も対象に オリコン 2019年12月20日配信, 2019年12月20日閲覧
  5. ^ 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p180
  6. ^ 第16回日本ゴールドディスク大賞 日本ゴールドディスク大賞 2017年3月18日閲覧
  7. ^ “【オリコン】NMB48、自己最高の初週37.6万枚 2位作品が11年ぶり30万枚超え”. オリコン. (2012年5月15日). http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/2011587/full/ 2015年3月30日閲覧。 
  8. ^ 【オリコン】桑田佳祐、ソロ30年で初のアルバム返り咲き首位 男性ソロ20年ぶり快挙 オリコン 2017年9月19日閲覧
  9. ^ ミスチル、初動50万枚突破!23作目の首位!! オリコン 2015年10月27日閲覧。
  10. ^ @sasfannet 2021年5月13日11:00ツイート Twitter 2021年5月13日閲覧。
  11. ^ 桑田佳祐『やっぱり、ただの歌詩じゃねえか、こんなもん』P114、新潮社、2012年
  12. ^ a b 俺と桑田庵 第一夜 YouTube 2021年1月8日閲覧
  13. ^ サザンオールスターズ会報 代官山通信vol.127 30ページより
  14. ^ a b c 桑田佳祐 ソロ30周年記念ベスト・ミュージックビデオ集『MVP』 - 特設サイト 2018年1月15日時点でのオリジナルのアーカイブ。
  15. ^ ビーチソングランキング オリコン 2018年9月2日閲覧
  16. ^ “平成 夏ソング”ランキング オリコン 2018年7月31日配信 2018年8月1日閲覧。
  17. ^ 桑田佳祐『やっぱり、ただの歌詩じゃねえか、こんなもん』P118 - 119、新潮社、2012年
  18. ^ a b 桑田佳祐 - MUSIC TIGER SOUTHERN ALL STARS OFFICIAL SITE
  19. ^ a b c 桑田佳祐の音楽寅さん 〜MUSIC TIGER〜』あいなめBOX付属 「音楽寅の巻」p96より
  20. ^ PRIDEの唄〜茅ヶ崎はありがとう〜 (Live in 大阪城ホール) SOUTHERN ALL STARS OFFICIAL SITE
  21. ^ “山崎育三郎 J-POPカバーアルバム第二弾発売決定!”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN. https://www.universal-music.co.jp/yamazaki-ikusaburo/news/2017-04-10// 2017年4月10日閲覧。 
  22. ^ 祝紅白! ゴールデンボンバーの楽しみ方 Yahoo!ニュース 2016年8月20日閲覧。