波多国造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
波多国造
No image available.svg
本姓 波多氏(君)
家祖 天韓襲命
種別 神別地祇
出身地 不明
主な根拠地 (のちの土佐国
著名な人物 #人物参照
支流、分家 丹波国造または長国造都佐国造、意岐国造
凡例 / Category:日本の氏族

波多国造(はたのくにのみやつこ・はたこくぞう)は、後の令制国土佐国西部、現在の高知県西部を支配した国造

概要[編集]

表記[編集]

先代旧事本紀』「国造本紀」に波多国造とある。

祖先[編集]

  • 『先代旧事本紀』「国造本紀」よれば、崇神天皇の御世に、韓襲命を神の教えにより国造に定められたとされる。
  • 天韓襲命を事代主神の子(または孫)の観松彦色止命の9世孫で、長国造都佐国造の祖である韓背足尼と同人とする説がある[1]
  • ただし尾張氏族の系図には建田知命の3世孫に天韓襲命がいるとされ、成務天皇朝に任命された丹波国造の大倉岐命の一世代後である。また上記韓背足尼同人説でも韓背足尼は成務天皇朝の人物であること、南海道の諸国造の設置は紀国造を除いて、いずれも成務天皇~応神天皇朝であることから、波多国造だけが崇神天皇朝に任命されたとするのは疑問が大きい。

氏族[編集]

波多氏(はたうじ、)。海神族である三輪氏同族とする説[2][3]と、同じ海神族の尾張氏同族とする説[4]がある。後裔の系図は不明であるが、尾張氏族の系図には波勢比古命がいる。

本拠[編集]

本拠地は、現在の四万十市(しまんとし)中村説と、宿毛市平田の平田曽我山古墳のある平田古墳群の地とする説がある。

支配領域[編集]

波多国造は後の令制国の土佐国のうち幡多郡を支配したと考えられる。「国造本紀」に見える都佐国造は波多国造より後の設置とされ、また律令制以前の南海道伊予から当地を経て都佐国造の地に至っており[5]、土佐中央部よりも先進地帯であったといわれている。

氏神[編集]

奉斎社[編集]

不明。

[編集]

系譜[編集]

韓背足尼説[編集]

大国主神
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
事代主神建御名方神
洲羽国造祖)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
天八現津彦命比売多々良伊須気余理比売
 
 
 
観松比古色止命
(天八現津彦命と同神)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
建日別命大日腹富命
 
 
 
 
 
伊侶止乃命建美奈命
 
 
 
 
 
八上乃命甕男立命
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
押古呂命振根命
 
 
 
 
 
赤目彦命百襲彦命
 
 
 
 
 
若津根命川尻命
 
 
 
 
 
石古別命諸手足尼
 
 
 
 
 
兄人命小立宿禰
都佐国造祖)
 
 
 
 
 
韓背宿禰
長国造祖)
川尻命
 
 
 
 
 
高尾宿禰登美宿禰
 
 
 
 
 
高根彦赤猪古
 
 
 
 
 
川主都々古
 
 
 
 
 
木島彦江沼
 
 
 
 
 
兄駒真魚
 
 
 
 
 
赤猪輪仁
 
 
 
 
 
倉垣野末
 
 
 
 
 
建彦久々理
 
 
 
 
 
高星真鶴
 
 
 
 
 
井津見山部

脚注[編集]

  1. ^ 太田亮『姓氏家系大辞典』角川書店、1963年。
  2. ^ 太田亮『姓氏家系大辞典』角川書店、1963年。
  3. ^ 宝賀寿男「阿波の長国造の移遷」『古代氏族の研究⑦ 三輪氏 大物主神の祭祀者』青垣出版、2015年、120頁。
  4. ^ 宝賀寿男『古代氏族系譜集成』古代氏族研究会、1986年
  5. ^ 土佐国への官道である南海道は伊予国を経由していたが、行程が長く山地が険しかったため、養老2年(718年)に阿波国経由に改められた(『続日本紀』養老2年5月7日条)。
  6. ^ 「中期古墳時代」『宿毛市史』

参考資料[編集]

  • 角川日本地名大辞典編纂委員会・編『角川日本地名大辞典(高知県)』 角川書店、1991年、ISBN 4-04-001390-5、808,1075,1111頁