波多野義景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
波多野義景
時代 平安時代末期 - 鎌倉時代前期
生誕 不明
死没 不明
別名 通称:五郎
幕府 鎌倉幕府
主君 源頼朝
氏族 相模波多野氏
父母 父:波多野義通[1]または波多野遠義[2]
兄弟 義常義景、忠綱、大槻高義
佐藤信景、岩間盛通、義忠

波多野 義景(はたの よしかげ)は、平安時代末期から鎌倉時代前期にかけての武将御家人相模波多野氏7代。

略歴[編集]

相模波多野氏は波多野氏の一族で相模国波多野荘[3]を所領とする。

波多野義通または波多野遠義の子として誕生。

波多野義常は義景の兄[1]とも、従兄弟ともされる[2]人物で、源頼朝の旗揚げの際、合力を呼びかけられたが、拒絶して敵対したのち討手を差し向けられて自害した。義景は頼朝の宥恕を得、波多野氏の家督相続と、本領である波多野荘の保有を許可された。元暦元年(1184年)5月、子・盛通が志田義広討伐軍に加わっている。

文治4年(1188年)8月23日、波多野本庄北方の所領の所有権を巡って岡崎義実と抗争し、控訴となる。義景は、北方の土地は保延3年(1137年)正月20日に祖父・遠義が二男・義通に譲与し、嘉応元年(1169年)6月17日に義通から義景に譲与されたものであり、以来他に譲渡されたことはなく、本件に関しては岡崎義実の横領であると主張した。頼朝の裁定の結果、義景の勝訴となった。文治5年(1189年)に起こった奥州合戦では、他の御家人らと共に従軍した。出陣に先んじて、戦場で討死する覚悟を宣言し、所領を幼い子に譲っており、義景の覚悟は頼朝を大いに感心させた。

建久6年(1195年)、頼朝が東大寺供養の儀式を行った際は供奉を務めている。元久3年/建永元年(1206年)、源実朝が殿中で相撲を興行した際、奉行人を担当しており、これが『吾妻鏡』における義景の最後の登場となっている。

系譜[編集]

  • 父:波多野義通または波多野遠義
  • 母:不詳
  • 妻:不詳
  • 生母不明の子女
    • 男子:佐藤信景
    • 男子:岩間盛通- (三郎、? - 建保元年(1214年))
    • 男子:波多野義忠

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『鎌倉・室町人名事典』
  2. ^ a b 『吾妻鏡事典』
  3. ^ 神奈川県秦野市

出典[編集]