波高島駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
波高島駅*
Hadakajima-Sta01.jpg
駅舎(2016年8月)
はだかじま
Hadakajima
塩之沢 (4.5km)
(1.5km) 下部温泉

波高島駅の位置(山梨県内)
波高島駅
波高島駅
波高島駅位置図(山梨県)
所在地 山梨県南巨摩郡身延町波高島608
所属事業者 東海旅客鉄道(JR東海)
所属路線 CC 身延線
キロ程 50.2km(富士起点)
電報略号 タシ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
33人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 1927年昭和2年)12月17日
備考 無人駅
* 改称経歴
- 1930年 甲斐下山駅→下山波高島駅
- 1938年 下山波高島駅→波高島駅
テンプレートを表示

波高島駅(はだかじまえき)は、山梨県南巨摩郡身延町波高島にある、東海旅客鉄道(JR東海)身延線である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線と側線1本を有する地上駅。線路はほぼ北東から南西に走り、駅舎は線路の北西側にある。駅舎から、1番線、2番線の順で、1番線に甲府方面の列車が、2番線に富士方面の列車が発着する。側線1番線と駅舎の間に敷かれている。かつては2番線側にも側線があったが今では撤去されており、バラスト以外に痕跡はない。

ホームの塩之沢方の端は緩やかな坂になっていて、これを下ったところから駅舎へ、1番線の線路と側線をこえて遮断機・警報機つきの構内踏切が伸びている。その他駅舎の下部温泉方にはすでに使われていない貨物ホームが残っており、また塩之沢方の2番線線路脇には身延工務区の波高島休憩所がある。ホームの中ほどには木造の待合所が設置されている。

駅舎は2016年平成28年)に建て替えられ、待合室のみの簡易型平屋建となっている。また、駅前広場には駐輪場兼トイレが設置されている。建替前の旧駅舎は開業当初からのもので、大きな屋根を持っていた。当駅は1983年昭和58年)から無人駅となっているため、旧駅舎の出札口などは完全に板でふさがれ、旅客の立ち入ることのできる部分には待合所しかなかった。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 CC 身延線 下り 甲府方面[注釈 1]
2 上り 身延富士方面[注釈 1]

利用状況[編集]

平均乗車人員
1950年 397
1980年 358
2005年 71
2006年 66
2007年 65
2008年 67
2009年 59
2010年 56
2011年 50
2012年 39
2013年 41
2014年 37
2015年 38
2016年 40
2017 33
  • 1950年(昭和25年)の乗車人員は144,981人で、これを一日平均にするとおよそ397人になる。
  • 1980年(昭和55年)の乗車人員は131,096人で、これを一日平均にするとおよそ358人になる。
  • 2005年(平成17年)の乗車人員は25,735人で、これを一日平均にするとおよそ71人になる。
  • 2006年(平成18年)の乗車人員は24,339人で、これを一日平均にするとおよそ66人になる。
  • 2007年(平成19年)の乗車人員は24,122人で、これを一日平均にするとおよそ65人になる。
  • 2008年(平成20年)の乗車人員は24,569人で、これを一日平均にするとおよそ67人になる。
  • 2009年(平成21年)の乗車人員は21,418人で、これを一日平均にするとおよそ59人になる。
  • 2010年(平成22年)の乗車人員は20,506人で、これを一日平均にするとおよそ56人になる。
  • 2011年(平成23年)の乗車人員は18,091人で、これを一日平均にするとおよそ50人になる。

駅周辺[編集]

身延線の線路は市ノ瀬駅の近くから常葉川に沿って走るが、その常葉川が当駅の南西400メートルたらずの所で富士川に注いでいる。2004年(平成16年)9月13日に、身延町と下部町および中富町が合併し、新しく身延町となるまでは、常葉川と富士川、それと駅の北西およそ1.5キロメートルのところで富士川に注いでいる早川によって三つの町が分けられていたので、駅の付近にはこれら三者の境界が近接していた。

駅の西400メートルほどのところを南北に流れる富士川を富山橋(とみやまばし)でわたるとそこは旧身延町の下山地域で、開業当初の当駅はこの下山からとって甲斐下山駅と呼ばれていた。また駅から南へ行くと200メートル足らずのところで常葉川をわたるが、この対岸が旧身延町の上八木沢である。

駅名はのちに下山波高島駅に改称、その後1938年(昭和13年)10月1日には波高島駅に改称となるがこの波高島が、駅のある集落の名前である。波高島は江戸期以来、富士川の水運の中継地として栄えた場所であるが身延線の開通後、富士川の水運は衰退した。

身延線とともに常葉川に沿ってきた国道300号は富山橋で富士川を渡り、下山の上沢交差点で国道52号に合流する。また当駅の北すぐの所で国道300号から県道が分岐しており、当駅の駅前広場はこの県道に接してつくられている。

周辺の主な施設としては、富士川対岸の下山に、身延町立下山小学校・富士川クラフトパーク・峡南地域工業団地・身延工業団地・上沢寺のお葉つきイチョウ(国の天然記念物、1929年4月2日指定)・本国寺のお葉つきイチョウ(国の天然記念物、1929年4月2日指定)が、常葉川対岸の上八木沢に八木沢のお葉つきイチョウ(国の指定天然記念物、1940年7月12日指定)などがある。 また、反対方向の上之平には、湯澤温泉の「不二ホテル」や「長生館」などがある。

バス路線[編集]

乗り場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
波高島駅   身延鰍沢線 身延支所前・身延高校 身延駅 身延町営バス 平日・土曜1日4本(2本は身延支所前止まり)
  飯富・西嶋神社・鰍沢口駅 富士川病院 平日・土曜1日4本(1本は西嶋神社止まり)
  古関循環線(左回り) 下部温泉駅甲斐常葉駅・下部支所入口 古関 平日・土曜1日2本
  古関循環線(右回り) 飯富・役場前・甲斐岩間駅久那土駅・久那土出張所 古関 平日・土曜1日1本

隣の駅[編集]

東海旅客鉄道(JR東海)
CC 身延線
塩之沢駅 - 波高島駅 - 下部温泉駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b 駅掲示用時刻表の案内表記。これらはJR東海公式サイトの各駅の時刻表で参照可能(2015年1月現在)。

出典[編集]

関連項目[編集]