泣くことはないよ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
泣くことはないよ
クロスビー、スティルス&ナッシュ楽曲
収録アルバム クロスビー、スティルス&ナッシュ
リリース 1969年5月29日
録音 ロサンゼルス、ウォーリー・ハイダー・スタジオ III
ジャンル ロック
時間 2分45秒
レーベル アトランティック・レコード
作詞者 スティーヴン・スティルス
作曲者 スティーヴン・スティルス
プロデュース クロスビー、スティルス&ナッシュ

クロスビー、スティルス&ナッシュ 収録曲
Side 1
  1. 組曲: 青い眼のジュディ
  2. 「マラケッシュ行急行」
  3. グウィニヴィア
  4. 泣くことはないよ
  5. 「プリ・ロード・ダウン」
Side 2
  1. 「木の舟」
  2. 「島の女」
  3. どうにもならない望み
  4. 「ロング・タイム・ゴーン」
  5. 「49のバイ・バイズ」
ミュージックビデオ
「You Don't Have to Cry」 - YouTube

泣くことはないよ」(原題: You Don't Have to Cry)は、クロスビー、スティルス&ナッシュが1969年に発表した楽曲。スティーヴン・スティルス作詞作曲。

概要[編集]

1968年7月、ロサンゼルス郊外のローレル・キャニオンにあるジョニ・ミッチェルの家でパーティーが開かれた。スティーヴン・スティルスデヴィッド・クロスビーはミッチェルの家で2パートのハーモニーの曲に取り組んでいた。二人はグラハム・ナッシュにその曲を聞かせる。ナッシュはもう一度歌ってくれないかと頼み、スティルスとクロスビーは再び歌った。そして3回目、ナッシュは即興で一番上のハーモニーを付ける。歌い終わったとき3人は自分たちの歌が何にもましてユニークで、特別な響きがあることを確信する。この曲が "クロスビー、スティルス&ナッシュ" 結成のきっかけとなった「泣くことはないよ(You Don't Have to Cry)」であった[1][2][3]

同年8月、ホリーズはシングル用の曲として「Listen to Me」を録音。これがホリーズにおけるナッシュの最後のレコーディング・セッションとなった。同年12月、クロスビー、スティルス、ナッシュの3人はニューヨークレコード・プラント・スタジオで「泣くことはないよ」を録音。このバージョンはオリジナル・アルバムには入らず、1991年に発売されたボックスセット『CSN』に収録された[4]

1969年5月29日、ファースト・アルバム『クロスビー、スティルス&ナッシュ』が発売。A面4曲目に収録された。

2009年に発売されたコンピレーション・アルバム『Demos』に、スティルスひとりでレコーディングしたデモ・バージョンが収録されている。

テレビ番組『トム・ジョーンズ・ショウ』(1970年放映)に出演したときの映像が、1990年に発売されたビデオ『Long Time Comin'』に収録されている[5]

演奏者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Zimmer, Dave, and Diltz, Henry. Crosby Stills & Nash: The Authorized Biography (First edition), St. Martin's Press, 1984. pp. 72-73. ISBN 0-312-17660-0
  2. ^ Rogan, Johnny. The Complete Guide to the Music of Crosby, Stills, Nash and Young, Omnibus Press, 1998.
  3. ^ You Don't Have to Cry by Crosby, Stills & Nash Songfacts
  4. ^ CSN Box Set Tracklist
  5. ^ Crosby, Stills & Nash: Long Time Comin' (1990) - IMDb