洋州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

洋州(ようしゅう)は、中国にかつて存在した南北朝時代から初にかけて、現在の陝西省漢中市東部に設置された。

概要[編集]

西魏廃帝のとき、洋州が立てられた。州名は州域を流れる洋水に由来する。州治は豊寧県に置かれた。洋州は洋川郡に属する洋川黄金の2県と懐昌郡に属する懐昌県と洋中郡と豊寧郡に属する豊寧県を管轄した。

570年天和5年)、北周により懐昌郡は廃止され、豊寧郡に編入された。

583年開皇3年)、が郡制を廃すると、洋州に属する洋川郡・洋中郡・豊寧郡の3郡が廃止された。605年大業2年)、洋州は廃止された[1]

618年武徳元年)、により梁州の西郷・黄金・興勢の3県をもって洋州が立てられた。州治は西郷県に置かれた。742年天宝元年)、洋州は洋川郡と改称された。758年乾元元年)、洋川郡は洋州の称にもどされた。洋州は山南西道に属し、西郷・黄金・興道洋源真符の5県を管轄した[2]

のとき、洋州は利州路に属し、興道・西郷・真符の3県を管轄した[3]

のとき、洋州は興元路に属し、属県を持たない散州となった[4]

1370年洪武3年)、により洋州は廃止され、洋県に降格した[5]

脚注[編集]

  1. ^ 隋書』地理志上
  2. ^ 旧唐書』地理志二
  3. ^ 宋史』地理志五
  4. ^ 元史』地理志三
  5. ^ 明史』地理志三