洋泉社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:本社外観の画像提供をお願いします。2014年6月
株式会社 洋泉社
Yosensha Co., Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
101-0054
東京都千代田区神田錦町1-7
北緯35度41分30.6秒
東経139度45分50.1秒
座標: 北緯35度41分30.6秒 東経139度45分50.1秒
設立 1985年1月16日
業種 情報・通信業
法人番号 5010001031765 ウィキデータを編集
事業内容 出版
代表者 江澤隆志(代表取締役社長)
資本金 5,000万円
純利益 ▲3億3173万9000円(2019年08月31日時点)[1]
総資産 8億2251万3000円(2019年08月31日時点)[1]
関係する人物 藤森建二、石井慎二
外部リンク http://www.yosensha.co.jp/
特記事項:2020年2月1日に宝島社に吸収合併され消滅。
テンプレートを表示

洋泉社(ようせんしゃ)は、東京都千代田区神田小川町にあった日本出版社1985年設立。宝島社子会社である。

概要[編集]

1985年に藤森建二[2]により設立、1998年に宝島社の子会社となる。『映画秘宝』などの雑誌や新書、ムックなどの発行を手がけていた。

洋泉社の名は埴谷雄高が付けた[3]

2020年2月1日付で宝島社に吸収合併され解散し、従業員や権利義務等は宝島社が承継した。また、『映画秘宝』は休刊し、それ以外の出版物も合併後の新規発行は行わない方針である[4][5]

出版物[編集]

  • 新書y
  • ムックy
  • ライブラリー
    • 映画秘宝シリーズ
    • 映画秘宝コレクション
    • トンデモ本・ヤングアダルト
    • アウトロー
    • 文芸・エッセイ
    • 人文・社会
    • スポーツ
    • 実用・学参
    • 科学・理工
    • 音楽・芸術
    • 就職

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 株式会社洋泉社 第50期決算公告
  2. ^ 回想記『洋泉社私記―27年の軌跡』がある。大槌の風、2011年12月
  3. ^ @tacopettei (2020年1月31日). "洋泉社の名付け親は「死霊」の埴谷雄高です。" (ツイート). Twitterより。 Cite webテンプレートでは|accessdate=引数が必須です。 (説明)
  4. ^ 「映画秘宝」休刊へ 発行の洋泉社、宝島社と合併で解散,朝日新聞,2019年12月18日
  5. ^ 洋泉社、「映画秘宝」休刊へ…宝島社に2月吸収合併,読売新聞,2019年12月19日