洗夫人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

洗夫人(冼夫人、せんふじん、522年 - 602年)は、中国南北朝時代末期の俚族の女性指導者。本貫高涼郡

経歴[編集]

俚族の首領の家に生まれた。夫人の兄の洗挺は南梁州刺史をつとめた実力者で、その富強をたのんで隣郡を侵略し、嶺南の人々はこれに苦しんでいた。夫人はたびたび兄を諫めて、恨みを買うやり方を改めさせると、海南儋耳まで影響力が及ぶようになった。梁の大同初年、高涼郡太守の馮宝に妻として迎えられた。

太清年間に侯景の乱が起こり、都督広州諸軍事の蕭勃は建康への援軍のために兵を集めた。550年大宝元年)6月、高州刺史の李遷仕が大皋口に拠り、馮宝を召し出した。馮宝は赴こうとしたが、夫人は李遷仕の態度を怪しんで馮宝を止めた。数日後、夫人の予見どおりに李遷仕が反乱を起こし、主帥の杜平虜を派遣して兵を率いて灨石に入らせた。夫人は李遷仕をおだてるよう馮宝に勧め、馮宝はそのとおりにした。李遷仕が油断しきったところを夫人は攻撃し、大勝をおさめた。李遷仕は敗走して、寧都に入った。夫人は兵を統率して長城侯陳霸先と灨石で合流した。夫人は凱旋すると、陳霸先が恐るべき人物であることを馮宝に伝え、陳霸先を援助するように勧めた。

558年永定2年)、馮宝が死去すると、嶺南地方は大いに乱れたが、夫人は諸民族を手なづけて、数州の治安を安定させた。子の馮僕はわずか9歳であったが、首領たちを率いてに入朝させた。569年太建元年)、広州刺史の欧陽紇が反乱を計画し、馮僕を高安に召し出し、一緒に反乱をおこすよう説得した。馮僕が使者を国元に帰らせて夫人に知らせると、夫人は兵を動員して郡境を封鎖し、陳の将軍の章昭達を迎えて、反乱討伐に協力した。夫人は功績により中郎将とされ、石龍太夫人に封じられた。589年(陳の禎明3年、隋の開皇9年)、隋が陳を滅ぼすと、いまだ隋に降らない嶺南の数郡が共同で夫人を奉じて、聖母と号し、治安を保った。

隋の文帝が嶺南を平定すべく総管の韋洸を派遣した。隋の晋王楊広が夫人に手紙を出し、かつて夫人が陳朝に献上した犀杖を手紙に附して、帰順を説得した。夫人は首領たちを集め、ひとしきり陳の滅亡を嘆くと、隋への帰順を決めた。孫の馮魂に兵を与えて韋洸を迎えさせ、広州に入城させた。夫人は隋朝により宋康郡夫人に封じられた。590年(開皇10年)、番禺の王仲宣が反乱を起こすと、諸族の首領たちが呼応して、韋洸を広州城に包囲した。夫人は孫の馮暄に軍を与えて韋洸を救援させた。馮暄は反乱側の陳仏智と仲が良かったため、ぐずぐずして進まなかった。夫人がこれを知ると激怒して、人を派遣して馮暄を捕らえさせ、広州の獄に繋がせた。代わりに孫の馮盎を派遣して陳仏智を討たせ、勝利を収めると、陳仏智を斬った。兵を南海に進め、鹿願の軍と合流すると、ともに王仲宣を撃破した。夫人は鎧を着て馬に乗り、錦傘を張って弓騎を率い、隋の裴矩が諸州を巡撫するのを護衛した。蒼梧郡の首領の陳坦・岡州の馮岑翁・梁化郡の鄧馬頭・藤州の李光略・羅州の龐靖らが面会にやってきた。かれらの率いる部落が隋に帰順し、嶺南は平定された。文帝は馮盎を高州刺史に任じ、馮暄を獄から出して羅州刺史に任じた。馮宝に広州総管の位を追贈し、譙国公に追封した。さらに夫人を譙国夫人に封じた。宋康郡の封邑は馮僕の妾の洗氏に与えられた。夫人は幕府を開き、長史以下の官僚を置き、6州の軍事を管轄した。

ときに番州総管の趙訥が貪欲で残虐だったため、俚や獠などの諸族が反乱を起こしていた。夫人は長史の張融を派遣して趙訥の罪を告発した。文帝は人を派遣して趙訥を取り調べさせ、収賄が明らかとなると、法に基づいて処断した。離反した諸族の処置は夫人に委ねられた。夫人は詔書を戴いて使者を称し、十数州を歴訪して諸族を説得すると、離反した者たちもみな降伏した。文帝はこれを賞賛して、夫人に臨振県の湯沐邑を与えた。602年仁寿2年)、夫人は死去した。は誠敬夫人といった。

伝記資料[編集]