洛中法華21ヶ寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

洛中法華21ヶ寺(らくちゅうほっけにじゅういちほんざん)は、天文法華の乱以前に京都市内(当時は洛中)にあった法華宗系の21の本山

全ての寺院が天文法華の乱(天文法難)によって焼かれた。 朝廷によって法華宗帰洛が許されたのち、一寺として再興したのは15カ寺であった。

二十一ヶ寺一覧[編集]

参考文献[編集]

  • 『京都の歴史3-近世の展開-』学芸書林

関連項目[編集]