洛嬪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
『洛神賦図』(顧愷之960年 - 1279年

洛嬪(らくひん)は、古代中国の伝説に出てくる伏羲氏の娘であり、水と川を司る洛水女神黄河の神・河伯の妻。黄河にそそぐ川の一つ・洛水(らくすい)と伊川(いせん)が合流するあたりに住んでいる。後に后羿(こうげい)が洛嬪を奪って結婚したという伝説もある。

洛神(らくしん)」、「宓妃(ふっぴ)」とも呼ばれる。

関連項目[編集]