津別駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
津別駅
つべつ
Tsubetsu
所在地 北海道網走郡津別町字新町
所属事業者 日本国有鉄道(国鉄)
所属路線 相生線
キロ程 16.6km(美幌起点)
電報略号 ツヘ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1924年大正13年)11月17日
廃止年月日 1985年昭和60年)4月1日
備考 相生線廃線に伴い廃駅
テンプレートを表示
1977年の津別駅と周囲約1km範囲。下が北見相生方面。
国鉄型配線2面3線、その外側に木工所に隣接する貨物積卸線、駅表北見相生側に三角状の貨物ホームと引込み線を有している。写真では貨物列車がそれぞれに留置されていて大分取扱量もあったようだが、この2年後には貨物取扱いが廃止となり、貨物用側線は全て撤去され、駅裏副本線も北見相生側分岐が外されて保線用に引込み線化され、相対ホーム2面2線となった。
駅表美幌側(駅の右上)に右上へ向かって細長い矩形状に北見営林局津別営林署管轄のストックヤード(土場)が設けられていて、かつては東側にある網走川支流の津別川上流より津別森林鉄道がここへ接続し、昭和38年にトラック輸送に切り替わるまで木材を運び入れていた。軌道は矩形敷地の両脇から右上へ伸びて合流し右下へ向きを変えて国道240号の左を南へ少し併走した後、国道を横切って東南へ向かっていた。この写真では軌道跡が細道に利用されて残っているのが確認できる。ヤードの中央より左寄りの位置(この写真で縦に3分割された左側の通路)には本線側から引込み線が伸びていたが、既に撤去されていて本線利用を止めてから長いようである。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

津別駅(つべつえき)は、北海道網走支庁網走郡津別町にあった日本国有鉄道(国鉄)相生線廃駅)である。電報略号ツヘ。相生線の廃線に伴い1985年(昭和60年)4月1日に廃駅となった。

駅構造[編集]

廃止時点で、相対式ホーム2面2線を有する地上駅で、列車交換可能な職員配置駅であった。互いのホームは構内踏切で連絡していた。ほかに上りホーム(駅舎と反対側)側に側線を1本有していた[1]。駅舎は下りホーム(線路の東側、北見相生方面に向かって左手側)に接していた。

駅名の由来[編集]

当駅の所在する地名より。地名は、アイヌ語の「トゥ・ペツ」(二つの川)に由来する。網走川と津別川の合流点に近いことからの地名である。

利用状況[編集]

  • 1981年度(昭和56年度)の1日乗降客数は259人[1]

駅周辺[編集]

歴史[編集]

駅跡[編集]

駅舎やホームは解体され、当時の駅前への北海道道が構内跡を貫く形で反対側へと通り抜けている。2001年(平成13年)時点では腕木信号機が1機残されていた[2]

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
相生線
活汲駅 - <達美仮乗降場> - 津別駅 - <高校前仮乗降場> - 恩根駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 書籍『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』(小学館1983年7月発行)159ページより。
  2. ^ 書籍『鉄道廃線跡を歩くVII』(JTBパブリッシング2001年1月発行)42ページより。

関連項目[編集]