津島銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
津島銀行
本店所在地 愛知県海東郡津島町大字津島554番地(当時)
設立 1893年明治26年)4月21日
業種 銀行業
資本金 21万円
支店舗数 4
テンプレートを表示

津島銀行(つしまぎんこう)は、愛知県海東郡津島町に本店があった明治期の私立銀行。

1893年(明治26年)に、津島の庄屋であった渡辺新兵衛らによって愛知県海東郡津島町(現津島市)を本店に資本金10万円で設立。1907年(明治40年)に名古屋銀行東海銀行の前身の一つ)に吸収合併され歴史の幕を閉じた。

沿革[編集]

  • 1893年(明治26年)4月21日:設立
  • 1893年(明治26年)5月16日:開業
  • 1907年(明治40年)6月22日:名古屋銀行に合併

頭取[編集]

  • 創業時:渡辺新兵衛
  • 合併時:大橋助左衛門

合併時の店舗等[編集]

  • 本店
愛知県海東郡津島町大字津島554番地
合併後は同行津島支店。東海銀行設立後は同行津島支店。現在は三菱UFJ銀行津島支店。(所在地名の変更に伴い現在は、津島市藤浪町1丁目17番2号)
  • 支店(3支店)
名古屋、幅下、清洲
  • 出張店(1箇店)
  • 資本金:21万円(合併直前に30万円から減資)

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 『東海銀行史』東海銀行行史編纂委員、東海銀行、1961年、33頁(日本語)。