津川雅彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
つがわ まさひこ
津川 雅彦
津川 雅彦
第29回東京国際映画祭にて(2016年10月)
本名 加藤 雅彦(かとう まさひこ)
別名義 マキノ 雅彦
生年月日 (1940-01-02) 1940年1月2日
没年月日 (2018-08-04) 2018年8月4日(78歳没)
出生地 日本の旗 日本京都府京都市中京区
死没地 日本の旗 日本東京都
身長 171cm
血液型 O型
職業 俳優映画監督芸能プロモーター評論家
ジャンル 映画・テレビドラマ・舞台
活動期間 1945年 - 2018年
活動内容 1945年:子役デビュー
1956年:本格デビュー
1984年:『必殺橋掛人
1987年:『マルサの女
1993年:『濹東綺譚
1999年:『プライド・運命の瞬間
2000年:『葵 徳川三代
2006年紫綬褒章
2014年旭日小綬章
配偶者 朝丘雪路1973年 - 2018年
著名な家族 真由子(娘)
澤村国太郎(父)
マキノ智子(母)
長門裕之(兄)
牧野省三(祖父)
その他はマキノ家を参照。
事務所 グランパパプロダクション
公式サイト 津川雅彦オフィシャルサイト
主な作品
映画
狂った果実』/『ひとひらの雪
マルサの女』/『桜の樹の下で
濹東綺譚』/『忠臣蔵外伝 四谷怪談
プライド・運命の瞬間』/『集団左遷』
テレビドラマ
氷紋』/『野々村病院物語
必殺橋掛人』/『独眼竜政宗
八代将軍吉宗』/『憲法はまだか
サラリーマン金太郎』シリーズ
葵 徳川三代』/『相棒』シリーズ
離婚弁護士』シリーズ

津川 雅彦(つがわ まさひこ、1940年1月2日 - 2018年8月4日[1])は、日本俳優映画監督芸能プロモーター評論家京都府京都市中京区出身。別名義であるマキノ 雅彦(マキノ まさひこ)は映画監督をする際に名乗っている。芸能事務所グランパパプロダクションに所属し、同社の代表取締役を務めた。

本名は加藤 雅彦(かとう まさひこ)。妻は朝丘雪路、娘は真由子、父は澤村国太郎、母はマキノ智子、兄は長門裕之、祖父は牧野省三。その他の身内についてはマキノ家を参照。

生涯[編集]

芸能一家に生まれ、子役として数本の映画に出演していたが、本格的な銀幕デビューは16歳のとき、1956年日活映画『狂った果実』である。この映画が本格的な主演デビューとなる石原裕次郎の弟役を探していた石原慎太郎が一目見て気に入り、沢村家に頼み込んで強引にキャスティングして名付け親ともなった。当時津川は新聞記者に憧れて早稲田大学高等学院に在学しており、「夏休みだし1本くらい出てもいいか」と軽い気持ちだったというが、映画のヒットとともにたちまちスターダムに上り詰めた。

人気絶頂の1958年松竹へ移籍するがここではヒットに恵まれず、フリーに転身してテレビなどに活動の場を広げるものの、1969年のデヴィ・スカルノとの不倫騒動をきっかけに仕事が激減。窮地に陥っていたところ、1972年から開始された必殺シリーズ悪役に起用され、再びブレイク(演出を担当した松本明から「世の中のみんなはお前が嫌いなんだから殺される悪役をやれ!」と言われて起用されたが、かつての美男スターのプライドを捨てて悪役をこなす中で多くを学んでいったという[2])。

1982年、『マノン』で第24回ブルーリボン賞助演男優賞を受賞。

伊丹十三監督作品の常連として厳しい演技指導を受ける中で、中年となってからは好色な中年男性役で本領を発揮。

叔母の沢村貞子からは「雅彦、お前は顔がいいんだから、芝居は4倍うまくならないと認めてもらえない」と若い頃に口酸っぱく忠告されていた。20代半ばに差し掛かる頃より徐々に肥え始め、それに伴い独特の癖のある風貌が強くなっていったが、逆にその個性を活かした[3]

ジェームス三木作品に多く出演している。

1985年の『ひとひらの雪』を始め、渡辺淳一作品の常連出演者でもあり[注 1]、ジェームズ三木、渡辺、伊丹の3人を自分にとって「三種の神器」のような存在であり、彼らなくして今日の自分はなかったとしている[4]

時代劇では三英傑織田信長豊臣秀吉徳川家康)をすべて演じている他、徳川氏の役を演じることが多く、大河ドラマでは『独眼竜政宗』で家康、『八代将軍吉宗』で綱吉、『勝海舟』で一橋慶喜を演じている。

2014年春の叙勲では旭日小綬章を受章した[5]

2018年4月27日、妻の朝丘雪路と死別。同年5月20日に妻の死を受けて会見を開いた。この時、前年秋に肺炎を患った影響で酸素吸入器のチューブを鼻につけた状態で会見に臨んだが、これが公の場に出た最後の姿となった[6]

7月11日放送(収録日6月30日)の『昭和偉人伝』(BS朝日)が生前最後のメディア出演となった。最後に「もう周りに誰もいなくなりましたからね、もう寂しいなんてことはないですね。だけど(自分が今、肺と心臓の病気をしたから)僕もあまり長持ちしないなあと思っていますので、いつ死んでもいいと思っています。こうして生きているうちはなるべく精一杯元気に生きたいな、ともうそれだけですね。」と語っている。

8月4日17時45分、心不全のため東京都内の病院で死去[6]した。78歳だった。叙従五位[7]

年譜[編集]

  • 洛星中学校から同志社高校、早稲田大学高等学院編入・中退。明治大学付属中野高等学校、明治大学文学部、文化学院卒業。
  • 1954年までは本名である加藤雅彦(幼児期は澤村マサヒコ)として活動。
  • 石原慎太郎が津川 雅彦と命名。『狂った果実』に石原の強烈な推薦で出演した縁から。「津川」の名は石原の小説『太陽の季節』のメインキャラクター「津川竜哉」から付けられた。
  • 1958年、アメリカのロサンゼルスへ短期留学する。
  • 1964年、松竹を退社する。
  • 1966年、渡邊美佐(現:渡辺プロダクション代表取締役会長)と芸能事務所「ぷろだくしょん『道』」の設立に参加する。
  • 1973年、女優の朝丘雪路(元宝塚歌劇団月組娘役)と結婚する。
  • 1978年、おもちゃ販売会社グランパパを設立し運営。一号店を青山ツインタワーに開業する。
  • 1993年、映画監督のオファーが来たため、病床のマキノ雅弘に「マキノ」を名乗ることの了解をもらう(ただし、この企画は頓挫した)[注 2]
  • 2006年、初監督作品『寝ずの番』が公開される。紫綬褒章受章。
  • 2009年、肺気胸で倒れるも、2月の映画公開に向けて復帰する。
  • 2014年、旭日小綬章受章。
  • 2018年8月4日、17時45分に心不全のため78歳で死去[8]した。叙従五位

人物[編集]

  • 60歳を越えても穴開きジーンズといったグランジ・ファッションを好んでいた。若い女性からも注目されたことで有頂天になり、「合コンしないで何をやる」が口癖となるほどの合コン好きとなった。合コン仲間には奥田瑛二明石家さんま高橋克典宍戸開らがいた。趣味はメールで、絵文字を好んでいた。芸能界きっての食通でもあった。
  • 自身はテレビを主要な仕事の場としていながらも、「テレビは諸悪の根元。思考停止装置」「毎日茶の間に入り込み、コマーシャルを見せて商品を売る訪問販売だ」と、テレビとマスコミを強く批判している。固定電話を使った世論調査に対しても「今時、固定電話を置く家庭は茶の間のテレビで低俗文化の洗脳を受けている層が多かろう」と主張している[9]
  • 学校でも演劇論を講じることがあり、多摩大学経営情報学部講師や、東京放送芸術&映画・俳優専門学校で名誉学校長を務めた[10][11]
  • 福岡県飯塚市嘉穂劇場が水害に遭った際には、旅芸人座長団や俳優仲間らとともに、その再建運動に尽力した[12]
  • 松村邦洋にモノマネをされていた。その際松村はよく顔を振るのだが、津川本人は実際あまり顔を振らないので、その旨を松村に言ったことがある。その後津川が顔を上下に動かしながら松村に「これで良いかな」と語り、本家がモノマネ芸人に合わせるということになった[13]
  • 休日は乗馬をして1日を過ごした[14]
  • 1960年代末から90年代まで、日本中央競馬会の馬主として、本名の「加藤雅彦」名義で、自分の名前である「マサヒコ」や、事務所名の「グランパパ」を付けた馬を所有していた[15][16]。また1970年代にはMBSラジオ毎日放送)『MBS日曜競馬』の司会も担当していたことがある[16]

家族との関わり[編集]

一人娘の真由子を溺愛していた。そのため、もし彼女に恋人ができたとしても、「(娘の彼氏という立場の男を)好きになれるはずがない」と、断固娘の恋人を拒否し続けていた。溺愛の理由には、真由子が1974年に生後5か月で誘拐された津川雅彦長女誘拐事件が一因となっている。誘拐当時、東京新聞から「売名行為の自業自得」などと批判めいた報道もなされていた。なお、津川が亡くなる直前に真由子は俳優の友山裕之助と結婚している。

兄の長門裕之とはデビュー以来何かと比較されライバル関係が続いていたが、『マノン』の演技で津川が1982年度のブルーリボン賞最優秀助演男優賞を受賞した際に、長門が津川の実力を認め、和解している。長門の晩年には共演が多く、『八代将軍吉宗』『サラリーマン金太郎』『刑事☆イチロー』『相棒』『戦国自衛隊・関ヶ原の戦い』などがある。また自身の監督作品『寝ずの番』『次郎長三国志』にも長門が出演した。また長門が死去した際、妻の南田洋子を既に亡くし、子供もいなかったため、津川が葬儀の喪主を務めた。

緒形拳との関係[編集]

緒形拳とは親友同士であった[17]。「ガタ」と呼び[17]、お互いのことは何でも話し、幾多の困難を共に切り抜けてきた仲。津川は緒形の臨終を看取り、「緒形拳を偲ぶ会」を立ち上げた。

俳優[編集]

徳川家将軍[編集]

徳川家将軍の役を演じることが多い。徳川家康は特に多く、5回演じている。『独眼竜政宗』では、勝新太郎が演じる強大な支配者である豊臣秀吉の横で、感情表現も少なく、腹の中では何を考えているのか分からない、底の知れない家康を演じた。反対に『葵 徳川三代』では、秀吉がこの世を去った後から物語が開始されるため、ハイテンションで一族のボスに相応しいゴッドファーザーのような役であり、大河ドラマ史上最高齢で主人公を演じた。家康を演じた最も後年のものである2006年の『戦国自衛隊・関ヶ原の戦い』でも貫禄ある老年期の家康を演じ、兄・長門裕之、更にはドラマ最後の出演となった長門の妻であり義姉・南田洋子と共に出演を果たしている。

役柄 ドラマ
徳川家康
徳川家綱
  • 大奥(1968年 - 1969年、関西テレビ)
徳川綱吉
徳川家斉
徳川慶喜

必殺シリーズ[編集]

一時期、女性問題や所属事務所移籍問題の影響を受けて、仕事の入らない時期があった。そんな中、当時朝日放送ディレクターとして活躍していた親友の松本明からの熱心な誘いを受けて、『必殺仕掛人』に悪役としてゲスト出演した。それまでの正統派二枚目俳優のイメージを覆した個性的な悪人を演じた上、仕置される時には妙な奇声をあげて殺られる演技が大きな反響を呼び、以降も初期の必殺シリーズ(第2作『必殺仕置人』 - 第7作『必殺仕業人』)の常連悪役として、作品に花を添えた。第24作『必殺橋掛人』では主人公へ昇格、初期作品に通ずるドラマ作りに大きく貢献した[要出典]

ゲスト出演作品
  • 必殺仕掛人 第15話「人殺し人助け」(1972年12月9日) - 鳥越の松十郎 役
  • 必殺仕置人 第9話「利用する奴される奴」(1973年6月16日) - 清造 役
  • 助け人走る 第5話「御生命大切」(1973年11月17日) - 笹本虎之助 役
  • 暗闇仕留人 第8話「儲けて候」(1974年8月10日) - 堺屋利兵衛 役
  • 必殺必中仕事屋稼業 第20話「負けて勝負」(1975年5月16日) - 伊三郎 役
  • 必殺仕置屋稼業 第2話「一筆啓上罠が見えた」(1975年7月11日) - 鳶辰 役
  • 必殺仕業人 第2話「あんたこの仕業どう思う」(1976年1月23日) - 田島屋伝兵衛 役
  • 必殺仕事人2010(2010年7月10日)- 沢木丹波守輔忠 役
主演作品
  • 必殺橋掛人(1985年) - 柳次 役
劇場版出演作品

事業家[編集]

芸能事務所グランパパプロダクションに所属し、同社の代表取締役を務める[要出典]

  • おもちゃ・絵本の販売店「グランパパ」のオーナーでもある。娘の真由子の誕生の時、木製のおしゃぶりをドイツから取り寄せたのをきっかけに、子供に安全な本物志向のおもちゃの必要性を感じて設立。評判となり全国展開するほどに成長した。しかし、フジテレビ関西テレビ系の情報番組『新報道プレミアA』で、グランパパが経営悪化し6億5千万円の債務を背負っていたことが明らかになった。一時、自己破産の危機に陥ったが、支援企業が共同経営者になる条件付きで債務を肩代わりしてもらい、津川は破産を免れた。
  • 一方で1988年、廃線となった北海道の旧国鉄広尾線を「幸福鉄道」としてよみがえらせ、北海道広尾郡広尾町の町営牧場など約500ヘクタールの土地に100億円をかけ、「夢の王国サンタ愛ランド」を作ろうと計画。イギリススコットランドの古城「ロックハート城」を解体し、シベリア鉄道経由で運び込み注目された。だが、資金計画をめぐり町側と対立し、1991年に町から計画受け入れ拒否を通告され計画は頓挫。その後、群馬県沼田市の石材会社サンポウの社長が買収し、1993年に同県吾妻郡高山村で復元、「大理石村ロックハート城」として有料公開され、テレドラマロケ・結婚式場などにも使われている(津川は名誉城主に就任した)。
  • ほかにも、ショッピングモール「自由が丘チルドレンミュージアム」や原宿の「アイドルワンダーランド」の設立にも関与していた。

政治的主張[編集]

  • 保守的な主張で知られ、その種の団体・会合に参加している。「みんなで靖国神社に参拝する国民の会」、「首相の靖国神社参拝を求める国民の会」の発起人も務める。映画『プライド・運命の瞬間』で東條英機役を演じる際、東條家を訪れて話を聞いたうえで役作りに生かしたという。その演技ぶりは東條の遺族に「まるで東條英機が生き返ったようです」と絶賛された。なお、この時朝日新聞の記者から「A級戦犯を演じることの是非」を問われ、「じゃあ君(質問した記者に対して)はどう思うのかね!」と質問を質問で返した[18]。また、『落日燃ゆ』(2009年、テレビ朝日)では吉田茂を演じている。ブログなどでも政治的な発言をしばしばしており、民主党日本教職員組合を批判し、自由民主党を支持することが多い。大江健三郎を「中国韓国に媚び、自身の売込みに必死なエセ文化人の反日分子」と批判したこともある[19]
  • 2012年7月15日より、評論活動引退により番組を降板する三宅久之より指名を受けて『たかじんのそこまで言って委員会』(読売テレビ)のレギュラーパネリストとなった。番組内では準レギュラーパネリストである田嶋陽子や、左派・リベラル系の出演者と意見が対立することが多かった。
  • 2012年自由民主党総裁選挙では、「安倍晋三総理大臣を求める民間人有志の会」の発起人を務めた[20]

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

劇場アニメ[編集]

吹き替え[編集]

ラジオ[編集]

司会[編集]

  • MBS競馬中継MBSラジオ、後に『サンデー競馬中継 みんなの競馬』→『GOGO競馬サンデー!』)の司会を1970年代前半に務めたことがある。生粋の「穴狙い」で、本命で決着した際は、「本命でした!チェッ!」と言う癖があった。

バラエティ[編集]

  • スター千一夜(放送第1回目に長門裕之と兄弟でゲスト出演)
  • たかじんのそこまで言って委員会(2012年7月15日 - 、読売テレビ) - パネリスト
  • 津川雅彦がゆく加賀 酒紀行(2015年3月25日、NHK BSプレミアム) - 旅人

広告[編集]

監督作品[編集]

映画監督マキノ雅弘の甥である津川は、マキノ雅彦名義で映画監督として活動している。

著書[編集]

  • 『恋娘 パパを育ててくれた君へ』(津川雅彦著、主婦の友社、1984年) - 娘の真由子に語りかける文体で構成されたエッセイ。「第二章 誘拐事件」では事件の発端から解決までの顛末が子細に語られている。

受賞歴[編集]

ブルーリボン賞
  • 第24回(1982年)最優秀助演男優賞 『マノン』
日本アカデミー賞
  • 第9回(1986年) 優秀助演男優賞ひとひらの雪
  • 第11回(1988年)最優秀助演男優賞 『マルサの女』『夜汽車』
  • 第16回(1993年)優秀主演男優賞 『濹東綺譚』
  • 第18回(1995年)優秀助演男優賞 『集団左遷』
  • 第22回(1999年)優秀主演男優賞 『プライド・運命の瞬間』
毎日映画コンクール
  • 第42回(1987年) 助演男優賞『マルサの女』『別れぬ理由』
キネマ旬報賞
  • (1987年) 助演男優賞『マルサの女』『別れぬ理由』
報知映画賞
  • 第12回(1987年) 助演男優賞 『マルサの女』
  • 第39回(2014年) 助演男優賞0.5ミリ
高崎映画祭
  • 第2回(1988年) 主演男優賞 『マルサの女』『別れぬ理由』
日刊スポーツ映画大賞
  • 第7回(1994年)助演男優賞 『集団左遷』『忠臣蔵外伝 四谷怪談』
日本映画批評家大賞
  • 第13回(2004年) 主演男優賞 『いつかA列車に乗って』
  • 第16回(2007年) 批評家特別監督賞 『寝ずの番』 - マキノ雅彦としての受賞
門真国際映画祭
  • 第1回(2018年) 最優秀主演男優賞 『サイレン』
ギャラクシー賞
  • 第22回(1985年)ギャラクシー賞 特別賞 『女の一生』『生きていく私』[34]
NHK放送文化賞
  • 第67回(2016年)[35]

ほか多数。

関連書籍[編集]

  • 『人は大切なことも忘れてしまうから 松竹大船撮影所物語』(山田太一、斉藤正夫、田中康義、宮川昭司、吉田剛、渡辺浩 / 編著。マガジンハウス) - 津川を含む松竹ゆかりの人たちへのインタビュー集。
  • 『国と歴史を語って何が悪い』(WiLL別冊『歴史通』第3号インタビュー 聞き手は加瀬英明

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 映画では『ひとひらの雪』『別れぬ理由』『桜の樹の下で』、ドラマでは『氷紋』『野わけ』『まひる野』『化身』『うたかた』『白い影』(原作は『無影燈』)『エ・アロール』など多数
  2. ^ 津川は祖父・省三を描いたテレビドラマ『カツドウ屋一代』(1968年)で雅弘役を演じている。
  3. ^ 撮影中に死去した石田太郎の代役で出演。

出典[編集]

  1. ^ “俳優の津川雅彦さんが死去”. 共同通信. (2018年8月7日). https://this.kiji.is/399572771639968865?c=39550187727945729 2018年8月7日閲覧。 
  2. ^ 私の職務履歴書「第19回 映画監督・演出家 マキノ雅彦の場合」”. 宅ふぁいる便. オージス総研. 2018年10月21日閲覧。
  3. ^ 生い立ち、役者としての来歴については番組ダイアログ「津川雅彦」を参照
  4. ^ “津川雅彦「僕にとっての三種の神器が…ぼう然自失」”. Sponichi Annex. (2014年5月7日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/05/06/kiji/K20140506008106010.html 2018年10月21日閲覧。 
  5. ^ 平成26年春の叙勲受章者名簿 旭日小綬章以下 東京都 (PDF)”. 内閣府. 2018年10月21日閲覧。
  6. ^ a b “津川雅彦さん逝く 妻朝丘雪路さん死去から3カ月余、歯に衣着せぬ発言 実業家の顔も”. Sponichi Annex. (2018年8月8日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/08/08/kiji/20180808s00041000077000c.html 2018年10月21日閲覧。 
  7. ^ 「叙位叙勲」『読売新聞』2018年9月1日朝刊
  8. ^ “俳優、映画監督 津川雅彦さんが死去”. 愛媛新聞ONLINE. (2018年8月8日). https://www.ehime-np.co.jp/article/ky201808070580800010 2018年8月8日閲覧。 
  9. ^ 白河蘭 (2009年8月31日). “津川雅彦、固定電話を置く家庭は低俗文化の洗脳を受けている層”. サーチナ. ロケットニュース24. オリジナル2013年5月1日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/bprbJ 2010年9月7日閲覧。 
  10. ^ 津川雅彦、長いキャリアを持つ名優の歩みや信条を探る”. ciatr シアター (2017年7月6日). 2018年8月8日閲覧。
  11. ^ 学校紹介”. 東京放送芸術&映画・俳優専門学校. 2018年8月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年8月8日閲覧。
  12. ^ 嘉穂劇場”. 福岡県観光情報公式サイト クロスロードふくおか. 2018年8月8日閲覧。
  13. ^ 松村邦洋「しゃれの分かる方でした」津川さん悼む”. 日刊スポーツ (2018年8月8日). 2018年8月8日閲覧。
  14. ^ ダウンタウンDX 2016年3月10日放送回”. gooテレビ (2016年3月10日). 2018年8月8日閲覧。
  15. ^ 馬主[加藤雅彦の検索結果]”. Netkeiba.com. 2018年8月8日閲覧。
  16. ^ a b “競馬好きだった津川さん 大の“穴党” 競走馬も数多く保有”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. (2018年8月9日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/08/09/kiji/20180808s00041000448000c.html 2018年8月9日閲覧。 
  17. ^ a b 津川雅彦 “親友”緒形拳はいつも俺より一枚上にいた”. NEWSポストセブン. 小学館 (2017年7月9日). 2018年8月9日閲覧。
  18. ^ キネマ旬報』より[要追加記述]
  19. ^ 津川雅彦 (2012年10月10日). “大江健三郎ら反日分子が”. 津川雅彦オフィシャルブログ「サンタの隠れ家」. サイバーエージェント. 2016年5月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年10月21日閲覧。
  20. ^ 安倍晋三総理大臣を求める民間人有志の会/会員一覧”. 2016年5月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年10月21日閲覧。
  21. ^ “大竹しのぶ、「後妻業」映画化で“悪女”を好演!共演に豊川悦司&笑福亭鶴瓶ら”. シネマカフェ. (2015年8月4日). http://www.cinemacafe.net/article/2015/08/04/33170.html 2015年10月4日閲覧。 
  22. ^ “41歳で脳出血…林家かん平ドキュメンタリー完成”. 日刊スポーツ. (2016年8月29日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1701843.html 2016年8月29日閲覧。 
  23. ^ 東山紀之主演時代劇『信長燃ゆ』に中島裕翔&神山智洋が出演”. ORICON STYLE (2015年12月5日). 2015年12月7日閲覧。
  24. ^ “東山紀之×加藤剛、新旧『大岡越前』が競演”. ORICON STYLE. (2016年10月6日). http://www.oricon.co.jp/news/2079550/full/ 2016年10月7日閲覧。 
  25. ^ “新旧・大岡越前が白洲で対決 東山紀之、加藤剛との共演は「ご褒美」”. ORICON STYLE. (2016年12月6日). http://www.oricon.co.jp/news/2082600/full/ 2016年12月6日閲覧。 
  26. ^ “草なぎ剛、主演ドラマで大島優子と三角関係 どん底ホームレスの復讐劇”. modelpress. (2014年12月1日). http://mdpr.jp/news/detail/1450162 2014年12月1日閲覧。 
  27. ^ 米倉涼子、松本清張原作の歴史サスペンスに主演”. ORICON STYLE. オリコン (2016年2月19日). 2016年2月19日閲覧。
  28. ^ 津川雅彦が語る“敵役”の矜持 『ドクター調査班』に出演”. ORICON STYLE. オリコン (2016年5月13日). 2016年5月14日閲覧。
  29. ^ “石原さとみ、戦艦武蔵を題材にしたドラマに主演「何度も涙しました」”. ORICON STYLE. (2016年6月28日). http://www.oricon.co.jp/news/2074197/full/ 2016年6月29日閲覧。 
  30. ^ “『そして誰もいなくなった』渡瀬恒彦、共演陣は「クセがあるというか」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2017年1月31日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170131/geo17013105030022-n1.html 2017年3月16日閲覧。 
  31. ^ “津川雅彦さん最後のドラマはテレ朝「疑惑」来年放送”. nikkansports.com. (2018年8月9日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201808080000915.html 2018年8月9日閲覧。 
  32. ^ 細野守監督『バケモノの子』、地上波初放送!またあの夏がやってくる!”. Cinema Cafe (2016年6月2日). 2016年6月2日閲覧。
  33. ^ 津川雅彦、75歳で初カンヌへ!アニメ映画版「星の王子さま」声優が発表”. シネマトゥデイ (2015年4月17日). 2015年4月17日閲覧。
  34. ^ 第22回ギャラクシー賞受賞作品”. 放送批評懇談会. 2014年11月14日閲覧。
  35. ^ NHK放送文化賞に尾上菊五郎、津川雅彦ら6人”. スポニチアネックス (2016年3月3日). 2016年3月3日閲覧。

関連項目[編集]