津有村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
津有村
廃止日 1955年2月1日
廃止理由 編入合併
春日村諏訪村津有村三郷村
和田村(一部) → 高田市
現在の自治体 上越市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
甲信越地方信越地方
都道府県 新潟県
中頸城郡
隣接自治体 諏訪村、里五十公野村高士村
三郷村、高田市、直江津市
津有村役場
所在地 新潟県中頸城郡津有村
 表示 ウィキプロジェクト

津有村(つありむら)は、かつて新潟県中頸城郡にあった

沿革[編集]

  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制施行に伴い中頸城郡四ケ所村、下新町村、上新町村、池村、戸野目古新田、門田新田、戸野目村、市野口新田、茨沢村、藤塚村、新保古新田、本新保村、上雲寺村、中野新田、下富川村、上富川村、熊留新田、熊塚村、稲村、野尻村、荒屋村、虫川村、市ノ江村、桐原村、本道村、下野田村、上野田村、長面村、三王新田、下池部村、上池部村、吉岡村、剣村、角川古新田、重川新田、新屋敷村、四ツ辻村が合併し、津有村が発足。
  • 1955年昭和30年)2月1日 - 高田市に編入され消滅。

著名な出身者[編集]

  • 保阪潤治 - 地主、古典籍蒐集家(町村制施行前の戸野目村生まれ)

参考文献[編集]

  • 『市町村名変遷辞典』東京堂出版、1990年。

関連項目[編集]