津治姫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

津治姫(つじひめ、宝永7年6月23日(1710年) - ?)は、越後村松藩第5代藩主・堀直堯の正室。父は陸奥守山藩藩主・松平頼貞。母は側室の松本氏(多美)。初名は与志満佐など。兄弟には松平頼尚松平頼寛松平定賢松平頼恭松平頼済などがいる。

生涯[編集]

宝永7年(1710年)、松平頼貞の娘として江戸吹上邸に生まれる。享保5年(1720年)3月、阿波富田藩第3代藩主・蜂須賀正員(後の徳島藩第6代藩主・宗員)と婚約する。しかし、正員が兄の早世により徳島藩の嫡子となり、家格の釣合いが悪くなったためか、婚儀には至らず、享保12年(1727年)12月に離縁となった。

享保20年(1735年)12月、越後村松藩の嫡子・堀直堯(後の第5代藩主)のもとへ改めて嫁いだ。元文3年(1738年)、直堯との間に長男・堀直泰を産んだ。

参考文献[編集]

  • 『蜂須賀家記』
  • 『守山藩御家譜大全』(大洗町史資料第2集 守山藩史料(上))
  • 『寛政重修諸家譜』