津液

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

津液(しんえき)は、津(陽性の水分、清んで粘り気がなく、主として、体表を潤し、体温調節に関与し、汗や尿となって体外へ排泄される)と液(陰性の水分、粘り気があり、体内をゆっくりと流れるもので、骨や髄を潤す。体表部では目、鼻、口などの粘膜や皮膚に潤いを与える)で構成される体内の水分の総称である。源は飲食物で、に入って、水様のものが分離されて作られる。別名、陰津、水液、水津、水湿とも呼ばれる。

臓腑との関係[編集]

胃(中焦)、(上焦)、・膀胱(下焦)と関係が深く、脾胃は、水穀から津液を分離して、脾の働きでこれを上部の肺へ送り、肺は、胃から送られた津液を全身へ布散し、腎は、全身に輸布された津液を管理して、不用のものを膀胱に貯めて尿として排泄する。

参考文献[編集]

関連項目[編集]