津田元信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
津田元信
時代 安土桃山時代 - 江戸時代初期
生誕 天正9年(1581年
死没 不明
別名 織田元信、通称:左衛門
主君 織田信雄豊臣秀頼
氏族 織田氏(信勝流)津田氏
父母 父:津田信澄、母:明智光秀四女
兄弟 織田昌澄元信京極高知正室

津田 元信(つだ もとのぶ)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将。別名は織田元信。通称は左衛門。

生涯[編集]

織田信勝(信行)の嫡男である津田信澄の次男として誕生。生母は明智光秀とその継室妻木煕子の娘のため、光秀と煕子の外孫にあたる。

織田信雄に仕え、その改易後には豊臣秀頼に仕えた[1]大阪の陣では兄・昌澄は「主水」として、水・氷の調達及び粥の調理を司っていたが、元信は、兄・昌澄の子・津田勘七郎と同じく「隷下(部下としてつき従う者)」であった。[要出典]

大坂城落城後、徳川方に出頭するものの、藤堂高虎の執成しを受けて、兄・昌澄と共に徳川家康に助命された。[要出典] 

大坂の陣大坂方参戦者として、室町幕府赤井豊後守の一門である赤井弥七郎と、越前国吉城主粟屋勝久の孫である粟屋助大夫は、伊勢津藤堂家士になっていることと、藤堂高虎の執成しを受けて徳川家康に助命された点から子孫は津藩に移住し、織田(おりた)を名乗ったと言われる。[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ 堀田正敦、国立国会図書館デジタルコレクション 「織田氏」寛政重脩諸家譜 第3輯』 國民圖書、1923年http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1082714/295 国立国会図書館デジタルコレクション