津田和男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

津田 和男(つだ かずお、1948年昭和23年)- )は、日本の教育者国連国際学校教員。

経歴[編集]

東京都出身。麹町小学校麹町中学校東京都立上野高等学校上智大学文学部卒業。上智大学では、社会学者鶴見和子のゼミに所属し、マックス・ウェーバー柳田国男の研究に没頭した[1]ニューヨーク国連国際学校日本語教師、北東部日本語教師会会長。小学校から中学校まで、連合赤軍事件吉野雅邦と同級生であった[2]

著書[編集]

  • 『春一番』Kisetsu Educational Group,MLC,2000
  • 『銀河』Kisetsu Educational Group,MLC,2000
  • 『秋祭』Kisetsu Educational Group,MLC,2015
  • 『きせつ漢字ワークブック』Kisetsu Educational Group,MLC,2015

脚注[編集]

  1. ^ 『あさま山荘銃撃戦の深層』小学館 2003
  2. ^ 『氷の城 : 連合赤軍事件・吉野雅邦ノート』新潮社 1998

関連項目[編集]