津田幸男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
津田 幸男 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ツダ ユキオ
ラテン文字 TSUDA Yukio
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1917-08-15) 1917年8月15日
出身地 兵庫県神戸市
没年月日 (1979-04-17) 1979年4月17日(61歳没)
選手情報
ポジション GK
代表歴
1938-1953 日本の旗 日本 4 (0)
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

津田 幸男(つだ ゆきお、1917年8月15日[1] - 1979年4月17日)は、日本の元サッカー選手サッカー指導者。ポジションはGK兵庫県神戸市出身。

経歴[編集]

第一神戸中学校時代に二宮洋一直木和らと共に1933年に全国中等学校蹴球選手権大会(後の全国高等学校サッカー選手権大会)で優勝。卒業後には二宮と共に慶應義塾大学へ進学し、体育会ソッカー部へ入部。レギュラーの座を掴むと関東大学サッカーリーグ戦4連覇(1937年、1938年、1939年、1940年)、1937年の全日本総合蹴球選手権大会 (後の天皇杯全日本サッカー選手権大会)優勝、慶應BRB(現役選手とOBからなる混成チーム)の一員として1936年、1939年、1940年の全日本総合蹴球選手権大会 優勝に貢献した。

1941年に大学卒業後、三菱重工業に入社。創設されて間もないサッカー部の主力選手として活躍した。

日本代表としては1938年4月7日のイズリントン・コリンシャンズ(イングランド)戦で代表デビューを飾ると、代表の正GKに定着し、1939年の日満華交歓競技大会、1940年の東亜競技大会に出場した。第二次世界大戦の影響により、選手キャリアを中断したが、戦後の1951年に日本が国際舞台への復帰を認められると代表復帰を果たし、同年3月のアジア競技大会に出場するなど国際Aマッチ4試合に出場した。

晩年は慶應義塾大学体育会ソッカー部OB会会長を務めた。1979年4月17日、パーキンソン病により死去、享年61。[2]

所属クラブ[編集]

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 4試合 0得点(1940-1951)


日本代表国際Aマッチ その他期間通算
出場得点 出場得点出場得点
1938 0 0 1 0 1 0
1939 0 0 3 0 3 0
1940 1 0 2 0 3 0
1941 0 0 0 0 0 0
1942 0 0 0 0 0 0
1943 0 0 0 0 0 0
1944 0 0 0 0 0 0
1945 0 0 0 0 0 0
1946 0 0 0 0 0 0
1947 0 0 0 0 0 0
1948 0 0 0 0 0 0
1949 0 0 0 0 0 0
1950 0 0 0 0 0 0
1951 3 0 5 0 8 0
1952 0 0 1 0 1 0
1953 0 0 1 0 1 0
通算 4 0 13 0 17 0

脚注[編集]

  1. ^ 1939年8月27日関東州代表との親善試合でのプロフィールより
  2. ^ サッカーマガジン1979年6月10日号P34