津田親信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
津田親信
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 寛文4年(1664年
死没 享保6年10月4日1721年11月22日
改名 権之丞、弥五左衛門、藤左衛門、親信
主君 徳川光友綱誠吉通五郎太継友
尾張藩
氏族 津田氏
父母 父:津田信之
兄弟 親信、信普、左太郎
信章、信村

津田 親信(つだ ちかのぶ)は、江戸時代前期から中期にかけての尾張藩士。家紋は織田木瓜。

略歴[編集]

織田藤左衛門家(小田井織田氏)の子孫・津田信之の子として誕生。

寛文13年(1673年)初御目見以降、寄合普請組、御目付、簡略奉行兼役、御側御足軽頭、家老御附属(600石)となる。

享保6年(1721年)10月4日、病没。享年58。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 『士林泝洄』
  • 『藩士名寄』