津田雅美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
津田 雅美
生誕 (1970-07-09) 1970年7月9日(47歳)
日本の旗 神奈川県
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1992年 -
ジャンル 少女漫画
代表作 彼氏彼女の事情
受賞 第17回白泉社アテナ新人大賞1992年
テンプレートを表示

津田 雅美(つだ まさみ、1970年7月9日[1] - )は、日本漫画家神奈川県出身[1]血液型はO型[2][注釈 1]

1992年、「会えてよかった」で第17回白泉社アテナ新人大賞を受賞。1993年、同作品が『増刊LaLa ミステリースペシャル』1993年3月10日号(白泉社)に掲載されデビュー。以後、『LaLa』『LaLa DX』(いずれも白泉社)を中心に活躍。

代表作は『彼氏彼女の事情』(通称:「カレカノ」)で、本作品は庵野秀明監督によりアニメ化され、テレビ東京系にて1998年10月から1999年3月まで放映された(全26話)。

人物[編集]

作品リスト[編集]

発表年は掲載誌の号数に準拠。

連載・不定期掲載[編集]

  • オンナになった日(1995年、LaLa) - 単行本全1巻
  • 彼氏彼女の事情(1996年- 2005年、LaLa) - 単行本全21巻、文庫本全10巻
  • eensy-weensy モンスター(2006年 - 2007年、LaLa) - 単行本全2巻
  • ちょっと江戸まで(2008年 - 2011年、LaLa) - 単行本全6巻
  • ヒノコ(2012年[15] - 2017年[16]、LaLa・AneLaLa) - 単行本既刊7巻
  • 十年後、街のどこかで偶然に(2013年[17] - 2015年、AneLaLa) - 単行本全1巻

読切[編集]

作品名 掲載誌 収録
会えてよかった 『増刊LaLa ミステリースペシャル』1993年3/10号 単行本『オンナになった日』、文庫本『ブスと姫君』
今は、どこかの空の下で 『LaLa』1993年4月号 単行本『オンナになった日』、文庫本『ブスと姫君』
君がいるから 『LaLa』1993年6月号 単行本『天使の棲む部屋』、文庫本『ブスと姫君』
あした また森であおうね 『増刊LaLa SFスペシャル』1993年9/10号 単行本『彼氏彼女の事情』第4巻
ブスと姫君 『LaLa』1994年3月号 単行本・文庫本『ブスと姫君』
恋は一秒。 LaLa DX』1994年4/10号 単行本・文庫本『ブスと姫君』
あばれる王様 『LaLa DX』1994年7/10号 単行本『彼氏彼女の事情』第8巻
すきになったひと 『LaLa』1994年8月号 単行本・文庫本『ブスと姫君』
18歳 『LaLa』1994年11月号 単行本・文庫本『ブスと姫君』
トラとカメレオン〜約束は一週間〜 『LaLa』1995年2月号 単行本『彼氏彼女の事情』第1巻
わたしは行かない 『LaLa DX』1995年9/10号 単行本『天使の棲む部屋』
きまずい関係 『LaLa』1995年10月号 単行本『天使の棲む部屋』、文庫本『ブスと姫君』
天使の棲む部屋 『LaLa』1995年12月号 単行本『天使の棲む部屋』
森の中 『LUNATIC LaLa』1995年WINTER号 単行本・文庫本『夢の城』
わたしは人魚 『LUNATIC LaLa』1996年SUMMER号 単行本・文庫本『夢の城』
3-BITTER PAIN- 『LaLa』1996年12月号 文庫本『ブスと姫君』
夢の城 『LaLa』1998年11月号 単行本・文庫本『夢の城』
な忘れそ 『LaLa』2000年10月号 単行本『ノスタルジア』、文庫本『夢の城』
恋愛は、普通 『LaLa』2005年11月号 単行本『ノスタルジア』
赤い実 『LaLa DX』2005年11月号 単行本『ノスタルジア』、文庫本『夢の城』
ノスタルジア 『LaLa』2006年1月号 単行本『ノスタルジア』、文庫本『夢の城』
肩のり神様 『LaLa』2006年5月号

以上、全て白泉社

注釈[編集]

  1. ^ 2016年以前のプロフィールではB型[1]になっているが、病院で調べたところ、O型だったと訂正している[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 白泉社 作家データベース 津田雅美”. 白泉社. 2016年2月3日閲覧。
  2. ^ a b 津田雅美 『ヒノコ』6巻、白泉社、2016年、145頁。ISBN 978-4592211037。
  3. ^ 白泉社『LaLa』HP 作家インタビュー2「津田雅美」
  4. ^ eensy-weensy モンスター』第1巻108頁
  5. ^ ちょっと江戸まで』第1巻27頁
  6. ^ ノスタルジア』133頁
  7. ^ ちょっと江戸まで』第3巻101頁
  8. ^ eensy-weensy モンスター』第2巻67頁
  9. ^ eensy-weensy モンスター』第2巻98頁
  10. ^ ちょっと江戸まで』第2巻131頁
  11. ^ eensy-weensy モンスター』第1巻71頁
  12. ^ ちょっと江戸まで』第2巻89頁
  13. ^ ちょっと江戸まで』第3巻158頁
  14. ^ ちょっと江戸まで』第3巻189頁
  15. ^ 津田雅美の古代ファンタジー「ヒノコ」LaLaで連載開始”. コミックナタリー (2012年3月24日). 2017年10月25日閲覧。
  16. ^ 白泉社の大人ガール向けマンガ誌・AneLaLa休刊、津田雅美「ヒノコ」は完結”. コミックナタリー (2017年9月5日). 2017年10月25日閲覧。
  17. ^ AneLaLa本日発売!津田雅美、葉鳥ビスコらの大人な一面が”. コミックナタリー (2013年6月5日). 2017年10月25日閲覧。