津軽サービスエリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:以前あったガソリンスタンドの画像提供をお願いします。2016年1月
津軽サービスエリア
Tsugaru SA.JPG
津軽サービスエリア(上り線)
所属路線 E4 東北自動車道
本線標識の表記 津軽
起点からの距離 646.5 km(川口JCT起点)
大鰐弘前IC (2.8 km)
(7.1 km) 黒石IC
供用開始日 1979年昭和54年)9月27日
上り線事務所 24時間
下り線事務所 8:00-20:00
所在地 036-0141
青森県平川市沖館比山館
テンプレートを表示

津軽サービスエリア(つがるサービスエリア)は、青森県平川市東北自動車道上にあるサービスエリアである。

概要[編集]

本州最北端、かつ青森県で唯一のサービスエリアでもある。2005年9月30日で下り線のガソリンスタンドENEOS)とレストランが閉店した。また、上り線もガソリンスタンド(ENEOS)が2007年2月28日に閉店、レストランもSガストに改装されたが、2008年8月31日に閉店した。

このため、かつては上下線とも一般的なサービスエリアとしての設備が整っていたが、現在では上下線ともに一般的なパーキングエリア並みの設備となっている。現在は青森県内のSA・PAにガソリンスタンド・レストランはない。

2018年からはリニューアル工事を行い、12月21日には下り線のフードコートとショッピングコーナーを先行開業し翌年4月17日には東日本のSAで初の地域連携スペース「つながる」(津な軽)や上り線のフードコート・ショッピングコーナー、ウォークインゲート・バリアフリー化が完成する予定だ[1]

2019年6月20日以降、下り線の碇ヶ関IC - 大鰐弘前IC間に、当SAのPRを目的とした自虐的な内容の横断幕が掲出された[2]。内容は碇ヶ関IC側から順に「今日も空いてる津軽SA」「混雑知らずの津軽SA」「津軽SA独り占め」「貸切休憩気分津軽SA」の計4種類。途中の阿闍羅PAの前後に2種類ずつ設置されている。

道路[編集]

施設[編集]

上り線(盛岡方面)[編集]

下り線(青森方面)[編集]

  • 駐車場
    • 大型 29台
    • 小型 131台
  • トイレ
    • 男性 大5(和式1・洋式4)・小15
    • 女性 13(和式7・洋式6)
      • 同伴の男児用 2
    • 車椅子用 1
  • 給電スタンド(24時間)
  • フードコート(8:00 - 20:00)
  • ショッピングコーナー(8:00 - 20:00)
  • 自動販売機
  • 地域連携スペース「つながる」
    • 地域情報発信コーナー(屋内)
    • 大屋根広場(半屋内)
  • 郵便ポスト(平賀郵便局)
  • ハイウェイ情報ターミナル

[編集]

E4 東北自動車道
(51) 大鰐弘前IC - 津軽SA - (52) 黒石IC

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]