流れる星は生きている

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
流れる星は生きている
作者 藤原てい
日本の旗 日本
言語 日本語
ジャンル 自伝戦争文学
発表形態 書き下ろし
刊行 1949年、日比谷出版社
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

流れる星は生きている』(ながれるほしはいきている)は、藤原ていによって、満州からの引き揚げの実体験に基づいて書かれた小説作品である。

初版は1949年に日比谷出版社より刊行。中公文庫偕成社文庫などで版を重ねている。

概要[編集]

満洲の気象台につとめていた夫(=新田次郎)とはなれ、子どもをつれて当時の「満州国」の「首都」であった新京から陸路、朝鮮北部を通り、朝鮮半島を南下して日本に引き揚げる主人公親子のストーリーである。当時のソ連占領地域の実態をあらわした記録として、当時から評判になった。

書誌[編集]

  • 『流れる星は生きている』日比谷出版社、1949年4月。和達清夫跋。
  • 『新稿 流れる星は生きている』富士書苑、1954年2月。
  • 『流れる星は生きている』東都書房〈愛と真実の記録 2〉、1964年10月。
  • 『流れる星は生きている 母と子・戦火に追われて』偕成社〈少年少女世界のノンフィクション 12〉、1965年6月。鈴木登良次絵。
  • 『流れる星は生きている 愛は死を越えて』青春出版社、1971年。
  • 『流れる星は生きている』中央公論社中公文庫〉、1976年2月。
    • 1994年8月改版。ISBN 4-12-202126-X
    • 2002年7月改版6版。ISBN 4-12-204063-9
  • 『流れる星は生きている 母と子・戦火に追われて』偕成社〈偕成社文庫〉、1976年3月。武部本一郎絵。
    • 2015年8月新版。ISBN 978-4-03-850820-2
  • 『流れる星は生きている』筑摩書房〈ちくま少年文庫 9〉、1977年9月。
  • 『流れる星は生きている』中央公論社、1984年8月。

文学全集等への収録[編集]

  • 『現代教養全集 4 愛情の記録』筑摩書房、1958年。臼井吉見解説。
  • 『世界ノンフィクション全集 46 ラコニア号遭難事件 祖国よ、雪山よ 流れる星は生きている』筑摩書房、1963年8月。高木俊朗解説。
  • 『昭和戦争文学全集 12 流離の日日』集英社、1965年2月。村上兵衛解説。

映画[編集]

1949年9月18日に公開された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

ドラマ[編集]

1982年5月10日 - 7月2日TBS花王 愛の劇場」枠の昼ドラマとしてドラマ化された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 制作 - 松竹、TBS
  • 監督 - 今井雄五郎・菱田義雄
  • 音楽 - 木下忠司
  • 撮影 - 鈴木則男
  • 美術 - 横山豊
  • 照明 - 中川孝一
  • 録音 - 田中進・仁多見博志
  • 編集 - 松浦和也
  • 装置 - 荒井新一
  • 装飾 - 宮崎琢郎
  • 美粧 - 徳永伸子
  • 記録 - 吉田純子
  • 助監督 - 内田秀哉
  • 進行 - 中沢宣明
  • 制作主任 - 大川修
  • 題字 - 大谷栄昌
  • 脚本 - 高岡尚平・米田いずみ
TBS 花王 愛の劇場
前番組 番組名 次番組
秘密
(1982.3.8 - 1982.5.7)
流れる星は生きている
(1982.5.10 - 1982.7.2)
わが子よII
(1982.7.5 - 1982.8.27)

関連項目[編集]

  • 旅路(藤原ていのノンフィクション小説)