流通センター (札幌市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 北海道 > 札幌市 > 白石区 > 流通センター (札幌市)
流通センター
札幌流通総合会館(アクセスサッポロ)
流通センターの位置(札幌市内)
流通センター
流通センター
流通センターの位置
座標: 北緯43度02分27.75秒 東経141度26分39.31秒 / 北緯43.0410417度 東経141.4442528度 / 43.0410417; 141.4442528
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Hokkaido Prefecture.svg 北海道
市町村 Flag of Sapporo, Hokkaido.svg 札幌市
行政区 白石区
人口 (2017年(平成29年)1月1日現在[1])
 - 計 8人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 003-0030
市外局番 011[2]
ナンバープレート 札幌

流通センター(りゅうつうセンター)は、北海道札幌市白石区にある地名。1丁目から7丁目まで存在する。大谷地流通センター、または大谷地流通団地とも呼ばれる。郵便番号は003-0030。

歴史[編集]

  • 白石区大谷地地区に、流通センターの建設が計画され、1967年昭和42年) - 1978年(昭和53年)に大谷地流通センターとして、事業費約100億円の建設が開始された。
    • ここでいう流通センターとは、物流拠点施設を集中的に立地させるという意味であり、“流通センター”と称する建造物を新設したわけではない。
    • 当時、新産業都市の指定を受けた札幌市を含む道央19市町村の増大する生産と地域内外の物流を円滑にするため。
    • 道央自動車道(当時は北海道縦貫自動車道、北海道横断自動車道として計画段階)、都市計画街路等を機能的に連絡し、都心部に集中する交通渋滞を緩和するため。
    • 日本国有鉄道1965年(昭和40年) - 1971年(昭和46年)にわたる第3次長期計画により、増加するであろう貨物取扱量への対処に、コンテナホームと配送基地を備えた貨物駅を大谷地地区に建設する札幌地区改良計画があった。
    • 大谷地地区は都心部から約8kmの地点であり、平和通清田通が地区内を通過しており、また、国道12号国道274号南郷通北海道道3号札幌夕張線、当時は道道6号)、国鉄(現:JR函館本線などが接続する便の良さがあった。また、大谷地地区を通過するルートの札幌新道建設計画もあった。
  • 流通業務地区約230haのうち流通業務団地が約154haであり、この造成事業の施行者は札幌市であった。
  • 大谷地流通センターの建設は、1967年(昭和42年)の流通業務市街地の整備に関する法律[3](昭和41年7月1日法律第110号)、翌年の都市計画法(昭和43年6月15日法律第100号)による都市計画事業の決定を受けて進められた。
  • オイルショックによる景気停滞で、東部中央卸売市場地区、東側卸売業地区等の着工が大巾に遅れた。
  • 1968年(昭和43年)10月1日札幌貨物ターミナル駅が敷地21.0ha、コンテナ積卸線9線で開業。
  • 以降、1971年(昭和46年)1月に札幌団地倉庫事業協同組合、同年9月に北海道トラックターミナル株式会社、1972年(昭和47年)12月に札幌流通センター運送事業協同組合、1974年(昭和49年)10月に札幌建設運送事業協同組合などが営業を開始した。
  • 1971年(昭和46年)10月に札幌通運株式会社の施設、1973年(昭和48年)12月に日本通運株式会社の施設が完成した。
  • 石油基地として、1968年(昭和43年)12月に日本オイルターミナル株式会社が営業を開始した。
  • 1973年(昭和48年)11月には、公益的施設として、札幌流通センター自動車整備協業組合が営業を開始した。
  • 1989年平成元年) 大谷地流通センターは、白石区が厚別区と分区するのをきっかけにし白石区流通センターと改称した。

隣接地区[編集]

住所[編集]

町丁 郵便番号
流通センター1丁目~7丁目 003-0030

主要道路[編集]

河川[編集]

主な施設等[編集]

周辺[編集]

教育[編集]

中学校[編集]

小学校[編集]

交通機関[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 札幌市 (2017年3月15日). “人口統計” (日本語). 札幌市. 2017年3月20日閲覧。
  2. ^ 総務省総合通信基盤局電気通信事業部電気通信技術システム課番号企画室 (2014年4月3日). “市外局番の一覧 (PDF)” (日本語). 総務省. p. 1. 2016年5月4日閲覧。
  3. ^ 流通業務市街地の整備に関する法律

関連項目[編集]