浅利正勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

浅利 正勝(あさり まさかつ、古い戸籍では「淺利」。1945年7月31日 - 2004年6月8日)は、日本スキージャンプ選手、監督。北海道出身。

プロフィール[編集]

1968年グルノーブルオリンピックスキージャンプ代表。数々の国内外の大会で優勝し、第一期日本スキー界の黄金期に活躍した選手の一人。明治大学を経て雪印乳業(現・雪印メグミルク)株式会社に所属。

後に同社のスキー部監督に就任し、原田雅彦選手などを育て、第二期日本スキー界の黄金期を支え、育てた。同社スキー部監督退任後は、スキージャンプの国際飛型審判員として、日本スキー連盟に貢献。

2004年6月8日東京都内の病院にて死去[1]

主な成績[編集]

[編集]