浅古弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

浅古 弘(あさこ ひろし、1947年11月 - )は、日本法学者。専門は日本法史。早稲田大学法学学術院教授

来歴・人物[編集]

1947年11月生まれ。1971年早稲田大学法学部卒業。1978年早稲田大学大学院法学研究科博士課程中退。早稲田大学法学部講師などを経て1994年早稲田大学法学部助教授、1995-1998年Harvard Law School EALS客員研究員、1999年早稲田大学法学部教授、2004年4月より早稲田大学大学院法務研究科教授。

研究テーマ[編集]

  • 日本における裁判の近代化
  • 政府の記録管理と公開

在外研究等[編集]

著書・論文等[編集]

  • 『刑法審査修正関係諸案』(早稲田大学比較法研究所)
  • 『近代日本法律司法年表』(第一法規出版)
  • 「京都裁判所の設置」(『明治前期の法と裁判』信山社)
  • 「記録管理の現状と法的諸問題」(レファレンス541)
  • 「裁判の歴史1・2・3」(法学教室280-282)

所属学会[編集]

  • 法制史学会 (理事 、2004年- 、国内 )
  • アジア学会 (国外)
  • 全米アーキビスト協会 (国外)