浅尾雄太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

浅尾 雄太(あさお ゆうた、1974年7月22日 - 2013年4月)は、日本プロボクシングマネージャーおよび同トレーナー経験者。東京都北区出身。帝拳ジムに所属していた。英語・スペイン語が堪能。

経歴[編集]

実父・浅尾和信(元東日本バンタム級新人王。現JBCレフェリー)の影響で幼い頃からボクシングに親しんでいた。

中学時代から実父が属していた帝拳ジムで練習し、ボクシング部の推薦で駿台学園高等学校に入学(1年先輩の齊田竜也や2年後輩の梶原龍児とは逝去まで親交深い)

在学中には興南高校フェザー級で後に帝拳所属となる金内豪、東京朝鮮中高級学校バンタム級徳山昌守といった同い年の一流選手との対戦経験がある。

1994年春、道都大学社会福祉学部を1年で中退し帝拳に就職。帝拳の看板選手・葛西裕一の南米武者修行に同行。

葛西、八尋史朗西岡利晃など、これまで数多くの世界タイトルマッチでセコンドを務めた。

2008年春、プロボクシング界から離れた。

2013年4月15日、自宅の浴槽で死亡した状態で父和信により発見された[1]

脚注[編集]

関連項目[編集]