浅岡朝泰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
浅岡 朝泰 Football pictogram.svg
名前
カタカナ アサオカ トモヤス
ラテン文字 ASAOKA Tomoyasu
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1962-04-06) 1962年4月6日(56歳)
出身地 東京都
身長 176cm
体重 70kg
選手情報
ポジション FWMFDF
ユース
1981-1984 筑波大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1985-1988 日本鋼管 63 (6)
1988-1991 読売サッカークラブ 39 (2)
代表歴
1987-1989[1] 日本の旗 日本 8 (0)
監督歴
2009 FC堺
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

浅岡 朝泰(あさおか ともやす、1962年4月6日 - )は、東京都出身の元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはFW(右ウイング)、MF(右ウイングバック)、DF(右サイドバック)。

略歴[編集]

筑波大学卒業後、1985年より日本サッカーリーグ1部の日本鋼管サッカー部に入部。俊足を活かしたドリブル突破と正確なセンタリングが持味で、そのシーズンに新人ながらアシスト王を獲得した。

1985年から1987年シーズンまで3年連続リーグ戦2位、1986年度に天皇杯全日本サッカー選手権大会準優勝、1987年にJSLカップを制覇し、同サッカー部の上位進出に貢献した。また日本代表にも選出され、ソウルオリンピック予選など8試合に出場した[1]

1988年、サッカー日本代表に右ウイングバックとして選出され、同年にはブンデス・リーガ入りが報道されたが、読売サッカークラブへ移籍。同チームでは、フォワード、右サイドバックとして活躍した。1992年に右足靱帯断裂の怪我を負い[2]、1993年に現役を引退した[2]

2003年より帝京大学可児高校サッカー部の総監督に就任した[2] が、2004年に大腸癌が見つかり2007年まで闘病生活を送った[2]。2007年より大阪商業大学大学院、2009年より岐阜大学大学院博士課程にそれぞれ進学した[2]。2009年にはFC堺の監督を務めた。

2012年7月現在、ヴィズミックモデルエージェンシー(名古屋事業部)FC disport(名古屋市、愛知郡周辺にてスクール展開)に所属している。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 JSL杯 天皇杯 期間通算
1985 鋼管 JSL1部 21 2
1986-87 21 2
1987-88 21 2
1988-89 読売 23 16 2 3 0 3 1 22 3
1989-90 22 0 3 0 4 0 29 0
1990-91 2 1 0 0 0 1 0 2 0
通算 日本 JSL1部 102 8
総通算 102 8

その他の公式戦

  • 1989年
    • アジア・アフリカクラブ選手権 1試合0得点
  • 1990年

受賞歴[編集]

  • 1985年 アシスト王、JSLシルバーボール賞、年間優秀11人賞、報知ベストイレブン

代表歴[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 8試合 0得点(1987-1989)[1]


日本代表国際Aマッチ その他期間通算
出場得点 出場得点出場得点
1987 1 0 7 3 8 3
1988 5 0 4 0 9 0
1989 2 0 6 0 8 0
通算 8 0 17 3 25 3

出典[編集]

  1. ^ a b c “浅岡 朝泰”. サッカー日本代表データベース. http://www.jfootball-db.com/players_a/tomoyasu_asaoka.html 
  2. ^ a b c d e 「元日本代表・浅岡さん「サッカー研究し貢献したい」 岐阜大大学院に入学」 読売新聞, 2009年4月8日, 2014年9月11日閲覧