浅島誠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
浅島誠(あさしま まこと)
生誕 (1944-09-06) 1944年9月6日(74歳)
日本の旗 日本 新潟県 佐渡市
居住 日本の旗 日本
ドイツの旗 ドイツ
研究分野 発生生物学
研究機関 東京教育大学
東京大学
ベルリン自由大学
横浜市立大学
産業技術総合研究所
東京理科大学
帝京大学
出身校 東京教育大学、東京大学
主な業績 アクチビンの発見
主な受賞歴 恩賜賞日本学士院賞
プロジェクト:人物伝

浅島 誠(あさしま まこと、1944年9月6日 - )は、日本の生物学者。専門は発生生物学東京大学名誉教授。産業技術総合研究所名誉フェロー。帝京大学学術顧問・特任教授。理学博士(東京大学、1972年)。新潟県佐渡市出身。

概要[編集]

生物の分子発生プログラムと各器官形成に興味を持っていたが、1988年胚発生における分化誘導物質として、アクチビンを世界で初めて同定した。これは世界的に追試されて確認され、高い評価を得た。アクチビンの濃度依存的に胚発生は制御される。

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

学外における役職[編集]

人物[編集]

実験材料でもあるイモリをこよなく愛する。年2回のイモリ採取は30年間欠かしたことがない。好きな言葉は"passion(情熱を超えた熱情)"。

著書[編集]

  • 『発生のしくみが見えてきた (高校生に贈る生物学 (4))』、1998年、岩波書店(駒崎 伸二と共著)
  • 『分子発生生物学―動物のボディープラン』、2000年、裳華房(駒崎 伸二と共著)
  • 『新しい発生生物学 : 生命の神秘が集約された「発生」の驚異 』、2003年、ブルーバックス(木下圭と共著)
  • 『図解 分子細胞生物学』、2010年、裳華房(駒崎 伸二と共著)
  • 『爆笑問題のニッポンの教養 生命のかたちお見せします 発生生物学』、2011年、講談社 (太田 光, 田中 裕二と共著)
  • 『動物の発生と分化(新・生命科学シリーズ)』、2011年、裳華房(駒崎 伸二と共著)
  • 『生物の「安定」と「不安定」―生命のダイナミクスを探る (NHKブックス No.1243) 』、2016年、NHK出版

受賞・受章[編集]

  • 日本動物学会賞1990年度(「両生類の胚誘導と細胞分化に関する研究」)[2]
  • 井上学術賞 1990年度(「両生類の胚誘導と細胞分化に関する基礎的研究」)[3]
  • Man of the Year 1991 (USA. ABI)
  • 木原記念財団学術賞1994年度(「両生類の胚誘導と細胞分化に関する研究」)[4]
  • ジーボルト賞(ドイツ政府)
  • 東レ科学技術賞 1998年度(「試験管内での幼生の形づくりと臓器形成の制御」)
  • 持田記念医学薬学学術賞 1999年度(「試験管内での臓器形成の基礎研究とその応用」)
  • 内藤記念科学振興賞 1999年度(「試験管内での臓器形成と遺伝子発現の制御の基礎的研究」)
  • 有馬啓バイオインダストリー協会賞 2000年度(「アクチビンの発見と細胞分化および臓器形成における基礎的研究」)
  • 上原賞 2000年度(脊椎動物の臓器形成と形づくりの基礎的研究に対し)[5]
  • 恩賜賞日本学士院賞 2001年(「初期発生における形態形成の基礎的研究」)
  • 紫綬褒章 2001年
  • 比較腫瘍学常陸宮賞 2002年
  • 日本宇宙生物科学会功績賞 2007年
  • エルビン・シュタイン賞 2008年
  • 文化功労者 2008年度[6]
  • 日本再生医療学会功績賞 2013年
  • リトアニア共和国大統領勲章 2017年
  • リトアニア科学アカデミー外国人会員 2017年(「発生生物学の発展とリトアニアとの学術への貢献」)[7]
  • 瑞宝重光章 2017年

出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース
  2. ^ 日本動物学会学会賞賞 受賞者”. 社団法人日本動物学会. 2009年10月31日閲覧。
  3. ^ 第6回~第10回井上学術賞_受賞者 (PDF)”. 財団法人井上科学振興財団. 2009年10月31日閲覧。
  4. ^ 第1回~第16回学術賞受賞者”. 財団法人木原記念横浜生命科学振興財団. 2009年10月31日閲覧。
  5. ^ 上原賞受賞者”. 財団法人上原記念生命科学財団. 2009年10月31日閲覧。
  6. ^ 産総研:トピックス - 浅島 誠 器官発生工学研究ラボ長が平成20年度文化功労者に選ばれました”. 独立行政法人産業技術総合研究所. 2009年10月31日閲覧。
  7. ^ 本学副学長がリトアニア科学アカデミー外国人会員に選出 東京理科大学