浅川満彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

浅川 満彦(あさかわ みつひこ、1959年12月19日 - )は、山梨県出身の寄生虫学者。

人物[編集]

1959年12月19日山梨県韮崎生まれ[1][2]。1979年酪農学園大学に入学し、その後北海道大学大学院博士後期課程に進学[1]。現在、酪農学園大学獣医学群獣医寄生虫病学教授[2]。野生鳥獣や動物園展示動物の寄生虫について研究している[1][2][3]。酪農学園大学獣医学修士、酪農学園大学博士(獣医学)、MSc in Wild Animal Health (Royal Veterinary College)(英国王立獣医大学野生動物医学修士)[3]。所属学会は、日本獣医学会、Wildlife Disease Association、日本獣医師会、日本寄生虫学会(評議員)、日本野生動物医学会(理事)、哺乳類学会、日本鳥学会、生物地理学会(編集委員)、日本線虫学会など[3]

略歴[編集]

  • 1959年12月19日、山梨県に韮崎生まれる[1]
  • 1983年(昭和58年)3月、酪農学園大学酪農学部獣医学科 卒業[3]
  • 1985年(昭和60年)
    • 3月、酪農学園大学大学院獣医学研究科修士修了[3]
    • 6月、獣医師免許取得[3]
    • 10月、北海道大学大学院獣医学研究科形態機能学専攻博士後期課程中途退学[3]
    • 11月、酪農学園大学助手[3]
  • 1986年(昭和61年)3月、獣医学修士、酪農学園大学:日本産齧歯類および食虫類の内部寄生虫の分類学的および生物地理学的研究[3]
  • 1989年(平成元年)4月、酪農学園大学講師:獣医寄生虫学実習、獣医寄生虫学特論、特別実習、獣医学演習担当[3]
  • 1994年(平成6年)6月、酪農学園大学博士(獣医学):日本列島産野ネズミ類に見られる寄生線虫相の生物地理学的研究ー特にヘリグモソームム科線虫の由来と変遷に着目して[3]
  • 1995年(平成7年)4月、 酪農学園大学助教授[3]
  • 1996年(平成8年)4月、以上の科目に加え、獣医学専門基礎科目・野生動物学担当[3]
  • 1998年(平成10年)4月、以上の科目に加え、環境システム学専門科目・生物多様性論担当[3]
  • 1999年(平成11年)4月、以上の科目に加え、短期大学部専門科目・家畜衛生学担当[3]
  • 2000年(平成12年)10月、(2001年9月まで)英国Royal Veterinary Collegeにて野生動物医学と寄生蠕虫学の研究留学[3]
  • 2001年(平成13年)11月、MSc in Wild Animal Health (Royal Veterinary College)(英国王立獣医大学野生動物医学修士)[3]
  • 2003年(平成15年)4月、以上に加え、文部科学省ハイテクリサーチセンター施設「野生動物医学センター」責任者兼任[3]

著書[編集]

  • 長谷川英男; 浅川満彦 (2003), Parasitic helminth fauna of terrestrial vertebrates in Japan. In: (Otsuru, M., Kamegai, S. and Hayashi, S.eds.)Progress of Medical Parasitology in Japan, Vol. 7, Tokyo: Meguro Parasitological Museum, pp. 129-145 
  • 浅川満彦 (2005), 増田隆一, ed., 齧歯類と線虫による宿主-寄生体関係の生物地理.動物地理の自然史, 北海道大学図書刊行会 
  • 浅川満彦 (2004), 鳥には虫がいっぱい?鳥と寄生虫の腐れ縁.森の野鳥に学ぶ101のヒント, 日本林業技術協会, pp. 142-143 
  • 浅川満彦 (2004), 野鳥もかかれば大量死?鳥の感染症の話.森の野鳥に学ぶ101のヒント, 日本林業技術協会, pp. 144-145 

論文[編集]


関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d 酪農学園大学獣医寄生虫学教室(野生動物学)HP研究室教員紹介浅川満彦”. 2013年5月10日閲覧。
  2. ^ a b c 酪農学園大学獣医学群担当教員紹介獣医寄生虫病学教授:浅川満彦”. 2013年5月10日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 浅川満彦”. 2013年5月10日閲覧。