浅沼一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 浅沼一 七段
名前 浅沼一
生年月日 (1924-12-18) 1924年12月18日
没年月日 (2011-08-10) 2011年8月10日(満86歳没)
プロ入り年月日 1950年
棋士番号 56
出身地 東京都八丈島
師匠 小泉雅信八段
段位 七段
戦績
2017年8月23日現在

浅沼 一(あさぬま はじめ、1924年12月18日 - 2011年8月10日[1])は、将棋棋士小泉雅信八段門下。棋士番号は56。東京都八丈島出身。

棋歴[編集]

終戦後、順位戦が始まり、第4期(1949年度)順位戦では東西のC級乙組で三段以下が合計4名参加した。当時24歳で東の二段だった浅沼もその一人である(ほかには、東の清野静男三段、西の神田鎮雄三段・増田敏二二段)。浅沼は四段に飛び昇段して、翌期(第5期)の順位表に載った。

順位戦での上記を含む最初の6年間は指し分け(勝ち負け同数)や勝ち越しがあり5割前後の勝率であったが、7年目に著しく負けがこみ、予備クラス(現在の奨励会三段リーグやフリークラスに相当)に陥落。当時は、まだ降級点のようなクッション的な制度がなく、1期の成績不振ですぐ降級であった。

その後、予備クラスで5期(2年半)指して引退。まだ33歳であった。ちなみに、5期目では予備クラスに初めて上がってきた17歳の内藤國雄と2局指して2敗している。

引退後も日本将棋連盟に所属[2]。2004年、盤寿(数えの81歳)を迎える。

2011年8月10日、脳梗塞のため死去。86歳没[1][3]

昇段履歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 浅沼一氏=将棋棋士七段 : おくやみ : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
  2. ^ 引退しても連盟を退会せずに所属し続けるケースがほとんどである。
  3. ^ 浅沼 一七段が死去|将棋ニュース|日本将棋連盟”. 日本将棋連盟. 2017年8月23日閲覧。

関連項目[編集]