浅田恵一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

浅田 恵一(あさだ けいいち、1885年明治18年)6月17日[1] - 1944年昭和19年)12月18日[2])は、日本宮内官僚宮中顧問官

経歴[編集]

大阪府中河内郡孔舎衙村(現在の東大阪市)出身。1911年(明治44年)、東京帝国大学法科大学独法科を卒業[1]大蔵省に入り、専売局勤務、理財局勤務、主税局勤務を経て、板橋税務署長を務めた[1]。その後、宮内省に転じ、宮内事務官、宮内省参事官、宮内書記官、帝室林野局事務官・帝室林野局庶務課長、内蔵寮財務課長、内蔵寮主計課長、宮内省首席参事官などを歴任[1][3]1936年(昭和11年)、宮中顧問官となり、翌年に退官した[3]

退官後は日本郵船株式会社監査役を務めた[3]

親族[編集]

  • 木本源吉 - 妻の兄[1][3]。衆議院議員。奈良市長。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 大衆人事録 1930.
  2. ^ 『朝日新聞』(東京本社発行)1944年12月20日朝刊、2頁。
  3. ^ a b c d 人事興信録 1941.

参考文献[編集]

  • 人事興信所編 『人事興信録 第13版(上)』 人事興信所、1941年
  • 帝国秘密探偵社編 『大衆人事録 第3版』 帝国秘密探偵社、1930年