浅田悠介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
浅田 悠介
生誕 1990年3月25日
日本の旗 日本 大阪市 
別名 マジック王子
出身校 同志社大学 法学部 法律学科 4回生(2012年現在)
職業 マジシャン、マジッククリエイター
活動期間 2007年 -
身長 178 cm (5 ft 10 in)
体重 53 kg (117 lb)

浅田 悠介(あさだ ゆうすけ、1990年3月25日 - )は、日本のマジシャン、マジッククリエイター。

人物・経歴[編集]

  • 観客と近距離でコミュニケーションをとりながらマジックを行うクロースアップマジックを専門としている。
  • パフォーマーであるとともに、トリック創作家としても活動。
  • 観客を自らに取り囲ませて、ショーを行うスタイルを得意とする。
  • 幼少時から祖父の影響でマジックを初め、17歳でマジックバー「French Drop」にレギュラー出演。
  • 従来からあるクラシックなマジックを若い感性で演じ、ネオ・クラシックなスタイルが“新本格派”と呼ばれる。“新世代のマジシャン”と呼称されることが多い[1]

The JAPAN CUP 2010 において、「Johnny Wong Future Award」を受賞

  • 日本クロースアップマジシャンズ協会主催・審査員特別賞の受賞(2010年3月)。
  • 当時19歳。東京での大会で皆真面目に演じているなか、関西ノリでボケ倒して受賞。ハットとコインを使ったマジックを披露。

マジシャン向けレクチャーDVD『Stella』(2009年9月/フレンチドロップ)『Eternal』(2010年12月/フレンチドロップ)をリリース

  • 自身で考案したトリックを収録・実演。
  • Stella」:18歳時に考案したコインマジック。従来からあるクラシックマジック「チンカチンク」をノーエキストラ・ノーギミックで行うもの。これ一つの実演・解説でDVD商品となっている。
  • Eternal Vol.1」 :二作目のDVD。発想の奇抜さを重視したカードとコインを使った作品を計11個収録。いずれも古くから存在するクラシックの改案。本人曰く背景の思考も含めての創作であるという考えから、創作の経緯を詳細解説した33ページからなる冊子(Eternal more)を付属。

『東北地方太平洋沖地震 チャリティレクチャーノート』に作品提供(2011年3月/三畳半工房) 

  • マジック界のクリエイター8人が全世界に向けて発信した、未発表のアイデアやテクニック・技法の解説本に参加。電子書籍PDF版・日英二ヶ国語セット。売上金は全額義援金として、日本赤十字社へ。
  • その中の自身の作品「再興サイコ(Re-Psyko)」が、USAの「MAGIC, The Magazine For Magicians」[2]誌にてクローズアップされる。これは直木賞作家泡坂妻夫のマジック「サイコ」の改案。

エピソード[編集]

2011年11月19日、神戸の非公開異人館「キャセリンハウス」にて浅田悠介のマジックショーが開かれ、そのとき、参加者の一人が引いたサイン入りトランプを当てるため、浅田は52枚のトランプを天井めがけて放り投げ、正解の1枚が天井にくっついた。そのときの名残のトランプは、現在も2階の天井に貼りついている。また、フォーク曲げも披露し、先と柄がグニャグニャに曲げられたフォークもキャセリンハウスに保存されている。

主なテレビ・ラジオ出演[編集]

  • ラジオ関西「ばんばひろふみ!ラジオ・DE・しょー!」(2012.4.6)
  • NHK TV「あほやねん!すきやねん!」(2012.2.14)
  • 朝日放送「おはよう朝日です」(2011.5)
  • 読売テレビ「ピーチ流!」(2010.12)
  • TBS TV「ワンステップ!」(2009.12)(2010.2)
  • J-COM「八時です!生放送!」(2009.12)
  • ラジオ大阪「増井孝子の元気いっぱいラジオ」(2010.2)

著書・DVD[編集]

  • DVD『Stella』(2009年9月/フレンチドロップ)
  • DVD『Eternal』(2010年12月/フレンチドロップ)

脚注[編集]

  1. ^ 日刊現代 2010年2月11日号/fd(神戸フリーペーパー)2010年1月号+2月号
  2. ^ MAGIC, The Magazine For Magicians 2011 MAY