浅草駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
浅草駅
あさくさ
Asakusa
所在地 東京都台東区
所属事業者 東京地下鉄(東京メトロ・駅詳細
東武鉄道駅詳細
東京都交通局(都営地下鉄・駅詳細
テンプレートを表示

浅草駅(あさくさえき)は、東京都台東区にある、東京地下鉄(東京メトロ)・東武鉄道東京都交通局都営地下鉄)のである。台東区最東端の駅である。

所在地は東京メトロが浅草一丁目、東武鉄道が花川戸一丁目、都営地下鉄が駒形一丁目である。

なお、同じ駅名である首都圏新都市鉄道つくばエクスプレスの浅草駅は約600m(徒歩で8分程度)の距離の、浅草寺を挟んで反対側の国際通り地下にあり、接続駅・乗換駅扱いとなっていない。詳細は浅草駅 (首都圏新都市鉄道)を参照。

乗り入れ路線[編集]

東京メトロの銀座線、東武鉄道の伊勢崎線(旅客案内上では当該区間の愛称である「東武スカイツリーライン」が使われる)、都営地下鉄の浅草線が乗り入れ、接続駅となっている。銀座線と伊勢崎線は当駅が起点である。また、銀座線に「G 19」、伊勢崎線(東武スカイツリーライン)に「TS 01」、浅草線に「A 18」の駅番号が設定されている。

歴史[編集]

  • 1927年昭和2年)12月30日 - 東京地下鉄道浅草駅が「東洋で最初の地下鉄」駅として開業[1]
  • 1931年(昭和6年)5月25日 - 東武鉄道の駅が浅草雷門駅として開業、乗換駅となる[2]
  • 1941年(昭和16年)9月1日 - 東京地下鉄道、帝都高速度交通営団(営団地下鉄)に路線を譲渡[3]
  • 1945年(昭和20年)10月1日 - 東武鉄道の駅が浅草駅に改称[2]
  • 1954年(昭和29年)7月19日 - 東武浅草駅に同社初の機械式自動券売機を設置。
  • 1957年(昭和32年)3月 - 東武浅草駅ホームを増設[2]
  • 1960年(昭和35年)12月4日 - 都営地下鉄1号線の駅が開業[4]
  • 1974年(昭和49年) - 東武浅草駅ビルの外観をカバー材で覆う改修工事を実施[5]。(アルミ製)
  • 1978年(昭和53年)7月1日 - 都営地下鉄1号線が浅草線に改称。
  • 1991年平成3年)頃 - 東武浅草駅に発車メロディを導入。
  • 1997年(平成9年) - 「関東の駅百選」に選定。選定理由は「浅草寺を考慮し、浅草の土地柄に馴染んでいる仏閣デザインの地下鉄の長老駅」(営団地下鉄)、「昭和6年「浅草雷門駅」として開業、駅の上はデパート」(東武鉄道)。なお、都営地下鉄は対象外。
  • 2004年(平成16年)4月1日 - 営団地下鉄民営化により、銀座線の駅は東京メトロの駅となる。
  • 2006年(平成18年)3月18日 - 東武鉄道のダイヤ改正において長らく伊勢崎線の主役として運用していた準急が東京メトロ半蔵門線および東急田園都市線直通の種別に変更され、運行時間も朝夜の時間となり停車駅も改正前の区間準急の停車駅になったため当駅発着の準急は廃止された。日中の無料列車は新設された区間快速、区間準急、当駅と北千住間を結ぶ普通列車のみとなった[注 1]。これまでとは大幅な種別変更や運用変更のダイヤ改正となり、前述の半蔵門線と田園都市線直通は日中は急行となり改正前の通勤準急と同じ停車駅となったため、伊勢崎線の主役を直通路線に明け渡すこととなりこの日から当駅は主役の座から降りることとなった。
  • 2007年(平成19年)3月18日 - 東武鉄道・東京メトロ・東京都交通局がICカードPASMO」の利用が可能となる。
  • 2009年(平成21年)1月頃 - 東武浅草駅5番線ホームに柵を設置。
  • 2010年(平成22年)9月頃 - 東武浅草駅3番線ホームに柵を設置。
  • 2011年(平成23年)
  • 2012年(平成24年)
  • 2013年(平成25年)3月16日 - この日の東武鉄道のダイヤ改正において、特急列車と快速・区間快速列車を除いた一般列車が日中は普通のみの運行となり、それまでの区間準急を格下げした普通列車が竹ノ塚までの運行となった。このため日中の一般列車は東京都内で運行を完結する列車のみの運用となった[注 2]
  • 2017年(平成29年)
    • 3月24日 - 銀座線のホームドア設置工事開始[9]
    • 4月20日 - この日の東武鉄道のダイヤ改正において、快速・区間快速列車の運転が取りやめられた。
    • 6月24日 - 銀座線のホームドア供用開始[9]

駅構造[編集]

東京メトロ、東武鉄道、都営地下鉄の駅はそれぞれ別構内ではあるが、いずれも浅草地区東部の隅田川に近接する江戸通り前または地下に位置する。東京メトロと東武鉄道の間、東京メトロと都営地下鉄の間にはそれぞれ地下連絡通路がある。東武鉄道と都営地下鉄間の乗り換えは一度地上に出る必要がある。

東京メトロ[編集]

東京メトロ 浅草駅
銀座線4番出入口(2012年10月)
銀座線4番出入口(2012年10月)
あさくさ
Asakusa
G 18 田原町 (0.8km)
所在地 東京都台東区浅草一丁目1-3
駅番号 G 19
所属事業者 東京地下鉄(東京メトロ)
所属路線 銀座線
キロ程 0.0km(浅草起点)
電報略号 アサ
駅構造 地下駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
105,784人/日
-2016年-
開業年月日 1927年昭和2年)12月30日[1]*
備考 * 日本初の地下鉄駅。
テンプレートを表示

相対式ホーム2面2線を有する地下駅松屋浅草店の目の前の地下、吾妻橋の近くにある。

改札内コンコースとホームを連絡するエスカレーターエレベーターは設置されていないが、松屋・隅田公園方面改札口とホームを連絡する階段および1・2番線ホームと浅草寺・吾妻橋方面改札口を連絡する階段には車椅子利用者向けの昇降機が設置されている[10]。また、改札外コンコースと雷門通り寄り出入口の間にはエスカレーターとエレベーターが設置されている[10]トイレは1番線ホーム上にあり、ユニバーサルデザインとしての多機能トイレも設置されているが、乳幼児・オストメイト対応設備はない[10]

2003年に発車標が設置された。それ以前は、改札口の正面に今度の電車がどこのホームから発車するかを矢印で示す電光表示板が設置されていた。

吾妻橋方面の4番出入口には、浅草観音に因んだ格好の屋根が設置され、通称「赤門」と呼ばれている。また、東武鉄道との連絡通路横には地下商店街があり、昭和時代の面影を残す店舗が並ぶ。

駒形橋方面改札口は、1997年頃にレトロチックな内装にリニューアルされた。自動改札機も投入口付近がクリーム色に塗装されている。

2010年1月には、2番線ホーム中央から直接出られる浅草寺・雷門方面改札口が新設された。これにより、浅草寺エリアへ段差なしで行けるようになった[11]

ホーム
番線 路線 行先
1・2 G 銀座線 上野日本橋銀座渋谷方面
  • 当駅よりさらに北へには、昭和30年代に3本の留置線が新設され、夜間留置が可能である。三社祭隅田川花火大会といった大規模な行事が開催される場合、混乱防止のため、1番線を乗車専用ホーム、2番線を降車専用ホームとしている。かつて[いつ?]、当駅から三ノ輪方面への延伸が計画されていた[要出典]都市交通審議会答申第10号)が、その際は本線として使用する予定だった。
  • 開業当初は、東武の浅草雷門駅が開業するまで北側の出入口が未完成だったため、ホーム端64m手前からA線とB線の間に木製の渡り板を敷設し、A線のみで折り返し運転を行っていた[12]
  • ホームの構造上、1番線側のみが都営浅草線への連絡通路と結ばれている。また、地上へのエレベーターは2番線側の浅草寺・雷門方面改札にのみ設置されている。上野 - 田原町間各駅の浅草方面行ホームにおける接近放送・発車標や、1000系の行先表示器・車内ディスプレイ・自動放送で当駅の到着番線が案内されているのは、このためである。
  • 当駅は鉄骨鉄筋コンクリート構造という、地下鉄としては珍しい構造をしている。これは、当時のベルリン地下鉄が同一の構造をしていたので、それに倣ったものであるとされている[13]


東武鉄道[編集]

東武 浅草駅
東武浅草駅(浅草EKIMISE)
東武浅草駅(浅草EKIMISE)
あさくさ
Asakusa
所在地 東京都台東区花川戸一丁目4-1
駅番号 TS 01
所属事業者 東武鉄道
所属路線 伊勢崎線
(東武スカイツリーライン)
キロ程 0.0km(浅草起点)
電報略号 アサ
駅構造 高架駅
ホーム 3面4線
乗降人員
-統計年度-
49,362人/日
-2016年-
開業年月日 1931年昭和6年)5月25日[2]
テンプレートを表示
駅名標(2012年5月10日)

概要[編集]

地上7階・地下1階の商業ビルの2階に位置する[2](建物については後掲「駅ビル」の項を参照)頭端式ホームの3面4線構造で、西側の1線は両側にホーム(4・5番線)がある[14]。切符売り場は1階にある[14]。トイレは北口1階改札内と南口2階改札外に設置されている[14]。南口2階改札外には多機能トイレとエレベーターも設置されている[14]。エスカレーターは南口正面に設置されている[14]

隅田川とほぼ平行した駅舎から、すぐに隅田川を直角に横断する隅田川橋梁を渡るという立地の制約上、乗り入れ可能な列車はほぼ6両編成に限定される(1番線のみ8両編成も入線可能だが乗務員を含めて、乗降は浅草方6両に限られる)(詳細は後掲の「駅立地による制約」の項を参照のこと)。朝ラッシュ時に10両編成で運行される列車については、かつては曳舟駅での後部4両の切り離しおよびかつて存在していた業平橋駅地上ホームで折り返すことで対応していた。また、東京メトロ半蔵門線東急田園都市線直通と北千住以北の列車が10両編成のまま運転され、その他の10両編成の列車は北千住で下り側4両を切り離して当駅との間を6両編成で運行していたが、2013年3月16日のダイヤ改正から区間急行が8両編成による当駅までの運転(1番線着)に変更されたため、北千住駅での切り離し作業は廃止された。

ホームはおおむね以下の通りに使い分けられている(一部例外あり)。

ホーム
番線 路線 行先
1・2 TS 東武スカイツリーライン とうきょうスカイツリー曳舟北千住東武動物公園
TI 伊勢崎線 久喜TN 日光線 南栗橋 東武宇都宮方面
区間急行・区間準急・普通)
3・4 特急専用ホーム
5 (使用停止中)
  • 上記の路線名は旅客案内上の名称(「東武スカイツリーライン」は愛称)で表記している。
  • 当駅を発車する列車は、特急列車を除くと北千住駅まで各駅に停車する列車しか運行されていないので、曳舟駅における田園都市線・半蔵門線からの急行・準急との接続を積極的に案内している。
  • 3・4番線ホームの入口はインフォメーションセンターを兼ねた有人の中間改札が設置されている。
  • 5番線ホームは、とうきょうスカイツリー側にある北改札口へ通じる階段が設置されていない[14]
  • 5番線ホームは快速・区間快速列車の乗車ホームとして機能していたが、2017年4月21日のダイヤ改正による同列車の廃止以降、定期列車では使用されておらず、柵により封鎖されている。
  • 駅弁が販売されている。
  • 3・5番線ホームのとうきょうスカイツリー寄りには転落防止柵が設置されている[15]
  • 1990年代までは4・5番線からも一般列車が発車していたが、ドア扱いは4番線ホームのみであった。
  • 1997年には周辺地域の再開発と絡めて隅田川橋梁から直進した位置に10連4本が入れる駅を造ることが発表されたが、計画は進んでいない。

駅ビル[編集]

「浅草エキミセ」

地上7階・地下1階の建物は、鉄道省の初代建築課長であった建築家久野節が設立した久野建築事務所が設計、清水組により施工された[16]

初めて利用する人でも迷うことがないように複雑な構造を避け、入口からホームまで一直線に結ぶ構造になっている。

当初は3階から7階までを百貨店として設計し、三越などの他の百貨店を招致したが実現しなかった[2]

そこで、松屋が入居し、浅草駅ビルは1931年(昭和6年)11月に関東では初となる本格的な百貨店併設のターミナルビルとして開業した[2]

その後、1934年(昭和9年)に1階の一部や2階なども松屋に賃借するようになり、同店は規模を拡大することになった[2]

なお、松屋浅草は規模を縮小して地下1階と地上1階から3階までとなり、ビル全体は2012年(平成24年)11月21日に「浅草エキミセ」という名称の商業施設として新装開業した[7][8]。この改装に伴い、新たに52店舗が出店した[7][8]

昭和初期を代表するアール・デコ様式による大規模建築物の一つであったが[17]、1974年(昭和49年)に外壁が取り付けられるなど(アルミ製)[5]、建物自体は竣工当時のままながら建設当時の面影は失われることになった[5][17]

しかし、東武が手掛ける東京スカイツリー開業に伴い[5]、当駅舎についても開業時の姿に復元すると同時に待合室の新設・耐震補強工事の施行を含めたリニューアルが行われ[5]、2012年(平成24年)5月に竣工[8]

開業時のシンボルだった大時計も復活した[18]

駅立地による制約[編集]

前述した、駅舎と駅を出てすぐに存在する橋梁の位置関係から、駅を出てすぐに半径100mの急カーブが存在し、ここは15km/hの速度制限がかかっている。両渡り分岐器をカーブの途中に設置することが不可能なため、橋梁上に設置されている(ただし各ホームへの分岐器はカーブ状に設置されている)。ゆっくりと隅田川を渡る風景は当駅の一つの情緒ともなっているが、車輪とレールの摩擦音による騒音など、いくつかの問題も生じた。

しかし最大の問題は、この立地によりホーム先端が急カーブにかかっており、かつこれ以上のホーム延伸が不可能な点である。入線可能な列車は基本的に6両編成までに制限される。例外として1番線のみ8両分の有効長があり、平日朝夕ラッシュ時には8両編成の列車が発着する。かつては4両編成2本併結列車の入線が不可能であったが、2009年12月より可能となった。

1・2番線ホームは急カーブやホーム上にある柱の関係で、入線部分のホーム幅が極度に狭く、転落事故や1・2番線ホームを発着する電車と乗客とが触車事故を起こす危険性があることから、1番線に発着する8両編成の列車と2番線ホームに発着する6両編成の列車はとうきょうスカイツリー寄りの2両がドアカット扱いとなり[14]、その部分に柵が設置されている。また、ホームが急カーブであるため、6両編成がほぼ直線上に停車できるのは1番線のみであり、それ以外のホームのとうきょうスカイツリー方ではホームと車両との間に隙間が生じる。このため、3・4番線に入線する特急列車のうち、とうきょうスカイツリー方の車両(約4両分)の乗降ドアには、転落防止のため駅員によって車両とホームに跨る可搬式の渡り板がかけられる。

また、これも急カーブで短編成の列車は信号機の見通しが利かないため、分岐器の手前にある正規の出発信号機に加えて、1番線ホームは6両編成、その他のホームは4両編成の先頭車停車位置(いずれもホームの途中)にも出発信号機を設けている。これは中継信号機的なもので、閉塞を区切る機能はない。

付記[編集]

  • 大手私鉄では数少ない、大都市内にあってJR駅と接続も近接もしていないターミナル駅であり、関東地区では唯一の存在である[注 3]
  • 発車メロディは1・2番線が下り線標準メロディ、3 - 5番線が「Passenger」のフェードアウトバージョンである。2012年3月までは全ホームで「Passenger」のフルバージョンが使用されていた。2012年3月までは信号と連動して自動で流れる方式だったが、メロディーの変更後は1・2番線がリモコン操作、3 - 5番線はスイッチ操作に改められている。
  • 発車標はかつてブラウン管式モニターを使用していたが、その後LED式に置き換えられた。正面改札口の先、2番線ホームの車止め裏側にもLED式発車標が設置されていたが、後にLCD式のものに交換されている。階段上部には液晶モニターが設置されており、すべての停車駅と接続列車が表示される。
  • 当駅は伊勢崎線の起点駅であるが、0キロポストは開業時の起点である北千住駅に設置されており、当駅から北千住駅までは距離がマイナスとなっている。
  • リニューアル工事開始前の当駅正面入口および駅ビル屋上の看板には「東武鉄道」ではなく「東武電車」と表記されていた[19]。かつて本線のPRや車内放送で「東武電車」の呼称を使用していた名残りである。「○○電車」という表記は、その鉄道会社の鉄道・鉄道事業で使われたいわばブランド名であり、現在近畿地方の鉄道会社で多く見受けられるが(「阪神電車[20]京阪電車[21]山陽電車[22]叡山電車[23]など)、関東地方では少数派で、2012年現在ブランド名的に使用しているのは「箱根登山電車[24]のみであり、「京成電車[25]新京成電車[26]などが限定的に使用されている程度である。

都営地下鉄[編集]

東京都交通局 浅草駅
 浅草線ホーム(2018年1月31日撮影)
 浅草線ホーム(2018年1月31日撮影)
あさくさ
Asakusa
A 17 蔵前 (0.7km)
(0.9km) 本所吾妻橋 A 19
所在地 東京都台東区駒形一丁目12-14
駅番号 A 18
所属事業者 東京都交通局都営地下鉄
所属路線 浅草線
キロ程 16.8km(西馬込起点)
電報略号 浅(駅名略称)
駅構造 地下駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
53,320人/日
-2016年-
開業年月日 1960年昭和35年)12月4日[4]
備考

直営駅

かつての副名称は「雷門前」
テンプレートを表示

相対式ホーム2面2線を有する地下駅。銀座線の駅より2 - 3分程度歩く。

当初計画では浅草線は浅草(および本所吾妻橋)を経由せず、駒形付近に駅を設置して蔵前付近で現在の路線に合流する予定だったが、計画変更により銀座線の駅に近い位置に設置された。押上方面に向かうため、東武線・銀座線とはやや離れたところに駅がある。

ホーム全体がカーブ上に位置しているため、ドアとホームの間の隙間が広く開く場所がある。

改札内コンコースとホームの間にはエレベーターが設置されているが、エスカレーターは設置されていない[27]。エスカレーターはA4・A5出入口と改札外コンコースを連絡する通路の途中に設置されている[28]。そのA4・A5出入口前にあるエレベーターは直結するビル内にあるが、ビル入居者のみが利用する業務用のため、一般の客は利用できない。A2出入口と改札外コンコースの間には、一般の客も利用できるエレベーターが設置されている[28]

ホーム
番線 路線 行先
1 A 都営浅草線 西馬込京急線Pictograms-nps-airport.svg 羽田空港方面
2 押上京成線北総線Pictograms-nps-airport.svg 成田空港方面


利用状況[編集]

2013年度の3社局の合計乗降人員は約20万人である。2012年度は各社局とも前年度比+12%以上という高い伸びを記録している。

  • 東京メトロ - 2016年度の1日平均乗降人員105,784人である[利用客数 1]
    乗降人員は2003年度まで減少傾向が続いていたが、その後は9万人前後で落ち着き、2012年度には再度10万人を越えた。
  • 東武鉄道 - 2016年度の1日平均乗降人員は49,362人である[利用客数 2]。伊勢崎線の駅では第13位である。
    開業当初は、東武本線全線中最も乗降人員が多い駅であったが、1962年に地下鉄日比谷線との直通運転を開始すると、実質的なターミナルの座を北千住駅に譲った。1997年に北千住駅の改良工事が完成すると、下りの特急列車が同駅に全停車するようになり、当駅を利用する乗客が減少した。さらに、2003年に地下鉄半蔵門線との直通運転を開始したことにより、2006年度以降はとうきょうスカイツリー駅(押上駅を含む)よりも下回った。このような背景から2011年度まで減少傾向が続いていたが、2012年度は一転して12,500人程度増加した。
  • 都営地下鉄 - 2016年度の1日平均乗降人員は53,320人乗車人員:25,562人、降車人員:27,758人)である[利用客数 3]

年度別1日平均乗降人員[編集]

各年度の1日平均乗降人員は下表の通り。

年度別1日平均乗降人員[* 1]
年度 営団 / 東京メトロ 都営地下鉄 東武鉄道
1日平均
乗降人員
増加率 1日平均
乗降人員
増加率 1日平均
乗降人員
増加率
1991年(平成03年) [29]110,247
1998年(平成10年) 87,147
1999年(平成11年) 100,056 83,568 −4.1%
2000年(平成12年) 98,085 −2.0% 42,734 81,830 −2.1%
2001年(平成13年) 95,523 −2.6% 42,106 −1.5% 78,123 −4.5%
2002年(平成14年) 93,940 −1.7% 42,370 0.6% 74,788 −4.3%
2003年(平成15年) 90,415 −3.8% 41,797 −1.4% 68,482 −8.4%
2004年(平成16年) 92,939 2.8% 41,047 −1.8% 65,602 −4.2%
2005年(平成17年) 92,154 −0.8% 41,110 0.2% 62,194 −5.2%
2006年(平成18年) 92,243 0.1% 41,395 0.7% 58,781 −5.5%
2007年(平成19年) 90,362 −2.0% 43,009 3.9% 56,289 −4.2%
2008年(平成20年) 91,961 1.8% 44,018 2.3% 54,414 −3.3%
2009年(平成21年) 90,726 −1.3% 43,465 −1.3% 51,578 −5.2%
2010年(平成22年) 92,442 1.9% 44,553 2.5% 50,812 −1.5%
2011年(平成23年) 90,967 −1.6% 43,001 −3.5% 48,569 −4.4%
2012年(平成24年) 103,019 13.2% 48,401 12.6% 61,117 25.8%
2013年(平成25年) 100,236 −2.7% 49,007 1.3% 56,834 −7.0%
2014年(平成26年) 97,229 −3.0% 49,307 0.6% 53,190 −6.4%
2015年(平成27年) 103,124 6.1% 52,280 6.0% 52,382 −1.5%
2016年(平成28年) 105,784 2.6% 53,320 2.0% 49,362 −6.1%

年度別1日平均乗車人員(1927年 - 1935年)[編集]

各年度の1日平均乗車人員は下表の通り。

年度別1日平均乗車人員[* 2]
年度 東京地下鉄道 東武鉄道 出典
1927年(昭和02年) [備考 1] 未開業 [東京府統計 1]
1928年(昭和03年) 8,764 [東京府統計 2]
1929年(昭和04年) 7,268 [東京府統計 3]
1930年(昭和05年) 8,664 [東京府統計 4]
1931年(昭和06年) 9,534 10,255 [東京府統計 5]
1932年(昭和07年) 12,086 9,662 [東京府統計 6]
1933年(昭和08年) 12,019 9,979 [東京府統計 7]
1934年(昭和09年) 13,235 9,768 [東京府統計 8]
1935年(昭和10年) 14,196 9,410 [東京府統計 9]

年度別1日平均乗車人員(1956年 - 2000年)[編集]

年度別1日平均乗車人員[* 3]
年度 営団 都営地下鉄 東武鉄道 出典
1956年(昭和31年) 32,000 未開業 4,382 [東京都統計 1]
1957年(昭和32年) 31,969 [30]29,948 [東京都統計 2]
1958年(昭和33年) 32,817 [30]30,978 [東京都統計 3]
1959年(昭和34年) 36,349 32,438 [東京都統計 4]
1960年(昭和35年) 36,929 [備考 2]1,682 34,492 [東京都統計 5]
1961年(昭和36年) 35,403 1,932 37,825 [東京都統計 6]
1962年(昭和37年) 39,512 2,515 36,517 [東京都統計 7]
1963年(昭和38年) 36,424 4,432 34,386 [東京都統計 8]
1964年(昭和39年) 39,629 6,569 35,622 [東京都統計 9]
1965年(昭和40年) 39,914 7,761 35,540 [東京都統計 10]
1966年(昭和41年) 36,219 8,939 35,183 [東京都統計 11]
1967年(昭和42年) 36,695 9,674 36,451 [東京都統計 12]
1968年(昭和43年) 39,249 11,621 38,221 [東京都統計 13]
1969年(昭和44年) 41,198 14,007 39,885 [東京都統計 14]
1970年(昭和45年) 41,468 15,417 40,734 [東京都統計 15]
1971年(昭和46年) 41,437 16,180 40,169 [東京都統計 16]
1972年(昭和47年) 42,668 17,025 40,638 [東京都統計 17]
1973年(昭和48年) 42,499 17,449 41,849 [東京都統計 18]
1974年(昭和49年) 42,770 17,479 42,518 [東京都統計 19]
1975年(昭和50年) 41,989 17,533 42,705 [東京都統計 20]
1976年(昭和51年) 41,564 17,677 41,595 [東京都統計 21]
1977年(昭和52年) 41,737 17,945 42,816 [東京都統計 22]
1978年(昭和53年) 40,923 17,827 43,608 [東京都統計 23]
1979年(昭和54年) 40,981 17,678 44,224 [東京都統計 24]
1980年(昭和55年) 42,027 18,356 45,310 [東京都統計 25]
1981年(昭和56年) 42,616 18,222 46,156 [東京都統計 26]
1982年(昭和57年) 42,910 18,110 46,578 [東京都統計 27]
1983年(昭和58年) 43,000 18,085 46,642 [東京都統計 28]
1984年(昭和59年) 42,912 18,414 47,167 [東京都統計 29]
1985年(昭和60年) 44,438 18,773 47,773 [東京都統計 30]
1986年(昭和61年) 46,507 20,003 49,973 [東京都統計 31]
1987年(昭和62年) 47,158 20,989 51,541 [東京都統計 32]
1988年(昭和63年) 49,077 21,995 53,329 [東京都統計 33]
1989年(平成元年) 51,036 23,181 54,805 [東京都統計 34]
1990年(平成02年) 54,890 24,479 58,003 [東京都統計 35]
1991年(平成03年) 55,943 26,918 59,689 [東京都統計 36]
1992年(平成04年) 56,353 22,389 58,819 [東京都統計 37]
1993年(平成05年) 55,337 28,192 57,822 [東京都統計 38]
1994年(平成06年) 53,405 27,490 56,236 [東京都統計 39]
1995年(平成07年) 52,470 26,396 54,664 [東京都統計 40]
1996年(平成08年) 52,830 26,058 53,022 [東京都統計 41]
1997年(平成09年) 51,482 23,940 49,332 [東京都統計 42]
1998年(平成10年) 50,301 23,545 46,507 [東京都統計 43]
1999年(平成11年) 48,798 23,295 44,495 [東京都統計 44]
2000年(平成12年) 47,882 23,101 43,142 [東京都統計 45]

年度別1日平均乗車人員(2001年以降)[編集]

年度別1日平均乗車人員[* 3]
年度 営団 / 東京メトロ 都営地下鉄 東武鉄道 出典
2001年(平成13年) 47,304 22,581 41,816 [東京都統計 46]
2002年(平成14年) 46,205 22,392 39,773 [東京都統計 47]
2003年(平成15年) 44,516 22,164 36,230 [東京都統計 48]
2004年(平成16年) 43,822 21,553 34,395 [東京都統計 49]
2005年(平成17年) 44,310 21,564 32,282 [東京都統計 50]
2006年(平成18年) 44,438 21,710 30,077 [東京都統計 51]
2007年(平成19年) 44,678 22,088 28,967 [東京都統計 52]
2008年(平成20年) 45,058 22,423 28,088 [東京都統計 53]
2009年(平成21年) 44,400 21,870 26,603 [東京都統計 54]
2010年(平成22年) 45,570 22,269 26,175 [東京都統計 55]
2011年(平成23年) 44,418 21,279 24,680 [東京都統計 56]
2012年(平成24年) 50,724 23,562 30,994 [東京都統計 57]
2013年(平成25年) 49,109 23,657 28,854 [東京都統計 58]
2014年(平成26年) 48,671 23,736 27,038 [東京都統計 59]
2015年(平成27年) 51,754 25,062 26,552 [東京都統計 60]
2016年(平成28年) 52,882 25,562 25,627 [東京都統計 61]
備考
  1. ^ 1927年12月30日開業。
  2. ^ 1960年12月4日開業。開業日から1961年3月31日までの計118日間を集計したデータ。

駅周辺[編集]

浅草寺をはじめとする観光地や、浅草公園六区といわれる興行街がある。また、隅田川沿いにある隅田公園の最寄り駅でもあり、墨田区役所アサヒビール本社のあるリバーピア吾妻橋吾妻橋の対岸にある。北部には山谷や、風俗街の吉原などがある。

名勝・神社仏閣・観光施設など[編集]

  • 浅草寺 - 駅の北西側に立地。雷門は当地区の象徴の一つとなっている。
    • 仲見世通り - 門前街の名称。
    • 浅草神社 - 浅草寺境内に立地。
  • 隅田川
    • 吾妻橋 - 東武と銀座線の駅前、隅田川に架かる橋。
    • 駒形橋 - 都営浅草線の駅前、隅田川に架かる橋。
  • 浅草公園六区(浅草六区)
  • 浅草花やしき
    • 花やしき通
  • 伝法院通

公共施設[編集]

商業施設[編集]

郵便局・金融機関[編集]

かつて存在した主な施設等[編集]

ギャラリー[編集]

バス路線[編集]

当駅の場合、古くからの歓楽街ということもあり、いわゆるバスターミナルは設けられていないが、後述の路線バスが最寄りの「東武浅草駅」停留所に乗り入れる。また、最寄りではないが、浅草雷門停留所と浅草雷門南停留所がバスターミナルの機能も果たしており、東武線の駅からは離れるが、銀座線と都営浅草線からは最寄りとなる。実質、これらを合わせて浅草駅のバスターミナルと考えることができる。以下の各停留所に以下の路線が乗り入れ、主に都営バス東京都交通局)により運行されている。

当駅最寄りのバス停のうち、「浅草松屋前」という名称は、2007年4月1日に「東武浅草駅前」に改称された。

それぞれのバス停留所は名称ごとに記載するが、乗り場は方向・系統により異なる場合がある。

東武浅草駅前[編集]

台東区循環バスめぐりんの浅草駅バス停

浅草松屋西[編集]

浅草雷門[編集]

雷門一丁目[編集]

  • 草63:荒川区役所・西日暮里駅・巣鴨駅経由 池袋駅東口行(乗車専用)(都営)
  • 草43:浅草雷門行(都営)

浅草雷門南[編集]

  • 草64:浅草警察署・新三河島駅・王子駅経由 池袋駅東口行 / とげぬき地蔵行(都営)

浅草駅前[編集]

浅草駅[編集]

雷門前[編集]

  • 台東区コミュニティバス「めぐりん」(日立自動車交通)
    • 東西めぐりん:新御徒町駅・台東区役所方面

都営浅草駅[編集]

  • 台東区コミュニティバス「めぐりん」(日立自動車交通)
    • 東西めぐりん:新御徒町駅・台東区役所方面

(以下は降車専用)

浅草花川戸(浅草寺東参道)[編集]

  • スカイホップバス(浅草・東京スカイツリーコース)東京駅丸ノ内三菱ビル方面(日の丸自動車興業

水上バス[編集]

駅のすぐ東側の隅田川河岸から、東京都観光汽船東京都公園協会による水上バスが発着している。

隣の駅[編集]

Tokyo Metro logo.svg 東京地下鉄
G 銀座線
田原町駅 (G 18) - 浅草駅 (G 19)
Tōbu Tetsudō Logo.svg 東武鉄道
TS 東武スカイツリーライン
区間急行・区間準急・普通
浅草駅 (TS 01) - とうきょうスカイツリー駅 (TS 02)
1931年 - 1943年には、浅草(当時の浅草雷門) - とうきょうスカイツリー(当時の業平橋)間に隅田公園駅が存在していた。
PrefSymbol-Tokyo.svg 東京都交通局
A 都営浅草線
エアポート快特
東日本橋駅 (A 15) - 浅草駅 (A 18) - 押上駅 (A 20)
エアポート快特以外の列車種別
蔵前駅 (A 17) - 浅草駅 (A 18) - 本所吾妻橋駅 (A 19)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 快速は朝のみの発着となった。
  2. ^ 日中のもう一つの普通列車は従来通り北千住までの運行。
  3. ^ 関東地区以外では京阪電気鉄道淀屋橋駅西日本鉄道西鉄福岡(天神)駅等がある。
  4. ^ 東京三菱銀行店。現在は近隣にある旧UFJ銀行店の浅草支店内に移転した上で共同店舗の形で営業している。

出典[編集]

  1. ^ a b 大西元博 (2013年1月14日). “昭和史再訪 東洋初の地下鉄開通”. 朝日新聞(朝日新聞社)
  2. ^ a b c d e f g h 東武鉄道年史 編纂事務局 『東武鉄道六十五年史』 東武鉄道、1964年8月1日。
  3. ^ 東京都交通局総務課調査係 『東京都交通局四十年史』 東京都交通局、1951年8月1日。
  4. ^ a b 土木学会日本土木史編集委員会 『日本土木史:昭和16年-昭和40年』 土木学会、1973年4月。
  5. ^ a b c d e “浅草駅ビル、シックに改装、東武、建設時の姿に――スカイツリー開業に合わせ”. 日経産業新聞(日本経済新聞社). (2011年3月3日)
  6. ^ 銀座線の4駅に街のイメージに合った発車合図メロディを導入します (PDF) - 東京地下鉄 ニュースリリース 2012年10月24日
  7. ^ a b c 村松権主麿(2013年11月20日). “千客万来 4~7階に52店 リニューアル浅草駅ビル”. 東京新聞 (中日新聞社)
  8. ^ a b c d “東武、浅草駅ビル新装、52店舗、新たに出店――来月開業、屋上に展望デッキ”. 日経産業新聞(日本経済新聞社). (2011年10月19日)
  9. ^ a b “銀座線のホームドア、浅草駅は6月24日から”. Response. (株式会社イード). (2017年2月28日). https://response.jp/article/2017/02/28/291364.html 2017年4月29日閲覧。 
  10. ^ a b c 浅草駅 構内図 - 東京地下鉄
  11. ^ お客様の声をかたちに 浅草駅をバリアフリーに。 - 東京地下鉄
  12. ^ 地下鉄運輸50年史 p215
  13. ^ ブラタモリ』2011年12月8日放送分
  14. ^ a b c d e f g 浅草駅構内マップ - 東武鉄道
  15. ^ 2010年度の鉄道事業計画 (PDF) [リンク切れ] - 東武鉄道ニュースリリース 2010年4月27日
  16. ^ 『日本社史全集 清水建設百七十年史』 常盤書院、1977年6月。
  17. ^ a b 池田信 『1960年代の東京 路面電車が走る水の都の記憶』 毎日新聞社、2008年3月14日。ISBN 978-4620606323
  18. ^ 『東武鉄道のひみつ』 東武鉄道、2013年2月18日。978-4-569-80995-3
  19. ^ 東武電車(浅草駅)
  20. ^ 阪神電車
  21. ^ 京阪電車
  22. ^ 山陽電車
  23. ^ 叡山電車
  24. ^ 箱根登山電車
  25. ^ 「京成電車発車ごあんない」(京成津田沼駅
  26. ^ 「新京成電車のりば」(松戸駅
  27. ^ 浅草駅 駅の立体図 - 東京都交通局
  28. ^ a b 浅草駅 駅出入口情報 - 東京都交通局
  29. ^ スカイツリーって儲かるの?建設に巨額を投じた東武鉄道の皮算用‐浅草、そして日光・鬼怒川も 日経トレンディネット
  30. ^ a b 交通東武昭和34年6月10日号

統計資料[編集]

私鉄・地下鉄の1日平均利用客数
  1. ^ 各駅の乗降人員ランキング - 東京メトロ
  2. ^ 駅情報(乗降人員) - 東武鉄道
  3. ^ 各駅乗降人員一覧 - 東京都交通局
私鉄・地下鉄の統計データ
  1. ^ 各種報告書 - 関東交通広告協議会
  2. ^ 東京府統計書 - 国立国会図書館(デジタル化資料)
  3. ^ a b 東京都統計年鑑
東京府統計書
東京都統計年鑑

関連項目[編集]