浅見筧洞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

浅見 筧洞(あさみ けんどう、1915年大正4年)12月13日 - 2006年平成18年)1月27日)は、東京都出身の書家。名は精一。謙慎書道会顧問。元大東文化大学教授。

略歴[編集]

1915年(大正4年)東京に生まれる。二松學舍専門学校を卒業し、西川寧らに書を学ぶ。1962年昭和37年)毎日書道展で大賞を受賞する。日展1963年(昭和38年)特選、1983年(昭和58年)内閣総理大臣賞1986年(昭和61年)「曾子語(そうしのご)」で日本芸術院賞を受賞する[1]甲骨文金文を研究し、大東文化大学教授、日展理事、謙慎書道会理事長などを務めた。2006年(平成18年)1月27日、90歳で死去する[1]

著書[編集]

  • 『隷書研究』

脚注[編集]

  1. ^ a b 『浅見筧洞氏死去 書家』 - 2006年1月27日 14時18分、共同通信

関連項目[編集]