浅野吉長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
浅野吉長
時代 江戸時代中期
生誕 天和元年7月1日1681年8月14日
死没 宝暦2年1月13日1752年2月27日
墓所 広島市西区山手町の新庄山墓地
官位 従四位下、安芸守、左少将
安芸広島藩
氏族 浅野氏
父母 父:浅野綱長
母:徳川光友の娘・貴姫
兄弟 吉長長賢中川久慶
正室:前田綱紀の娘・節姫
宗恒、蝶姫(酒井忠寄正室)
娘(松平正甫正室、のち相馬徳胤継室)
娘(松平定輝正室、のち阿部正直正室)

浅野 吉長(あさの よしなが)は、安芸広島藩の第5代藩主。浅野家宗家6代。

生涯[編集]

天和元年(1681年)7月1日、第4代藩主・浅野綱長の長男として江戸で生まれる。元禄元年(1688年)6月18日、将軍徳川綱吉に拝謁する。元禄8年(1695年)12月4日、従四位下備後守に任官し、元服に際して将軍徳川綱吉、父・綱長双方より偏諱を受け、吉長と改名する。宝永5年(1708年)3月26日、家督を継ぐ。同年11月1日、安芸守に改める。同年12月18日、侍従に任官する。

享保10年(1725年)、広島藩藩校として、白島稽古屋敷の一部を割いて「講学所」(現在の修道中学校・修道高等学校)を創始した。享保15年(1730年)、弟の浅野長賢に対して広島新田藩3万石を分知する。享保17年12月22日、左少将に任官する。元文4年(1739年)、宮島の大鳥居を再建している。

湯治場「湯の山温泉」は吉長公ゆかりの温泉として知られ、寛延3年(1750年)に神殿・拝殿・旧湯治場を再建・竣工した。

宝暦2年(1752年)に広島で死去した。享年72。跡を長男・宗恒が継いだ。

伊達家との確執[編集]

正徳2年(1712年)11月、林信篤から伊達家との和解を説得される。同時に稲葉正往伊達吉村に浅野家との和解を説得した。先祖の浅野長政は、伊達政宗から絶交の通告を受けており、それ以来浅野家と伊達家は絶交状態になっていた[1]

正徳3年1月、再び林信篤から伊達家との和解を説得される。稲葉正往・林信篤は、浅野家と伊達家の不和は江戸城内で見苦しいこと、他家でも和解の事例はあることなどを指摘し、説得を試みたのである。当初、吉長は先祖に対する不孝であるとして和解を渋っていたものの、親戚であった前田綱紀徳川吉通らの説得もあり、和解に応じる姿勢に転じた。しかし、伊達家側は国元の重臣の反対を抑えられず、和解は実現しなかった。

藩政[編集]

  • 藩政改革で成功を収めたことから、「江戸七賢人」の1人に数えられ、広島藩中興の英主・名君といわれる。
  • 先代・綱長の時代にも財政難で藩札(銀札)を発行していたが、享保15年(1730年)、吉長は藩内の金銀貨通用を停止し、藩札使用が強制された。

人物・逸話[編集]

  • 正室の節姫は、加賀藩主・前田吉徳の姉。吉長よりも年長者(いわゆる姉さん女房)で気も強かった。しかも、嫡男の宗恒が彼女との間に生まれていたため、吉長は側室を持つことも許されず、意見もできなかった。しかし、吉長も40歳を過ぎると次第に若い女性を望むようになり、あるときにお忍びで吉原に行って、気に入った遊女2人を愛妾にしようとした。これを知った節姫は、吉長への抗議のために切腹して諫めたという。吉長はこれに驚いて愛妾2人を遠ざけ、節姫を厚く弔い、吉徳と相談の上で幕府に対しては節姫は急病死と届け出て改易・減封を免れたという。
  • 浅野吉長は、豊臣秀吉正妻(北政所高台院の妹である長生院の子孫であり、また祖母(九条道房女)を通じて秀吉の姉日秀尼の子孫である。つまり、秀吉と高台院の傍系の血統である。また吉長は、徳川家康前田利家の血統も受け継いでいる(母の貴姫が尾張藩2代藩主徳川光友の娘、曾祖母の満姫が前田利常の娘で前田利家の孫かつ徳川秀忠の外孫、曽祖父浅野光晟が徳川家康の外孫)。特に家康の血は3つの流れを受け継いでいる。

脚注[編集]

  1. ^ 元禄赤穂事件も、宗家が絶縁状態の赤穂浅野氏と伊予伊達氏が同役でなければ、あるいは回避できた可能性も指摘されている(三田村鳶魚の『横から見た赤穂義士』など)。伊達家からも高家・上杉氏(能登上杉氏)に養子が入るなど、吉良・上杉・伊達の関係は保たれている。

関連項目[編集]