浅野安子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
安子女王
Princess Yasuko Yamashinanomiya 1920.jpg
1920年(19歳)
続柄 山階宮菊麿王第一王女

身位 女王臣籍降嫁
敬称 殿下 → 臣籍降嫁
出生 1901年10月31日
日本の旗 日本東京府東京市
死去 (1974-12-29) 1974年12月29日(73歳没)
日本の旗 日本東京都
配偶者 浅野長武
子女 長愛
芳正
頼子
父親 山階宮菊麿王
母親 菊麿王妃範子
テンプレートを表示

浅野 安子(あさの やすこ、1901年10月31日 - 1974年12月29日)は、日本旧皇族華族山階宮菊麿王第一王女。浅野長武侯爵夫人。旧名は安子女王

母は九条家の出身であり、貞明皇后の姪、昭和天皇の母方の従妹、香淳皇后の母方の従姉にあたる。

経歴[編集]

明治34年(1901年)10月31日、山階宮菊麿王の長女として誕生するも、母・範子妃は安子女王を出産した後に体調を崩し、薨去している。範子妃の死後、菊麿王の後妻である常子妃に兄2人と共に育てられた。

栄典[編集]

1920年(大正9年)11月2日 - 勲二等宝冠章[1]

血縁[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『官報』第2477号「叙任及辞令」1920年11月3日。