浅野清 (古生物学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
浅野 清
人物情報
生誕 (1910-06-01) 1910年6月1日
日本の旗 日本愛知県名古屋市[1]
死没 (1989-03-24) 1989年3月24日(78歳没)
日本の旗 日本茨城県つくば市筑波大学附属病院[1]
出身校 東北帝国大学[1]
学問
研究分野 古生物学
テンプレートを表示

浅野 清(あさの きよし、1910年6月1日 - 1989年3月24日)は、愛知県名古屋市出身の古生物学者。

人物[編集]

名古屋市内において、11人兄弟の末っ子として生を受ける[1]第八高等学校名古屋大学の前身)を卒業後、東北帝国大学理学部、東北帝国大学大学院に進んだ[1]。大学院において、小型有孔虫に関する研究に精力的に取り組む[1]

1938年昭和13年)、南洋庁熱帯研究所嘱託となり、当時日本の委任統治下にあったパラオに赴いた[1]。翌年技師となりサンゴ礁の研究を開始したものの、その年の秋には太平洋石油株式会社に移ることとなった[1]。同社ではメキシコの石油資源調査に携わる[1]1941年(昭和16年)夏には仙台に戻り、東北帝大において副手の職を得た[1]助手助教授を経て、1951年(昭和26年)に後身の東北大学理学部教授となった[1]

1974年(昭和49年)、定年退官[1]

1989年つくば市筑波大学附属病院において亡くなった[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 斎藤常正 1989, p. 505.

参考文献[編集]

  • 斎藤常正「浅野清先生を悼む (PDF) 」 『地質學雑誌』第95巻第6号、日本地質学会、1989年6月15日、 505-506頁、2016年12月18日閲覧。