浅野賢澄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

浅野 賢澄(あさの よしずみ、1916年大正5年〉4月19日 - 1997年平成9年〉7月31日)は、日本実業家、元官僚。フジテレビジョン(現在のフジ・メディア・ホールディングス)社長、同会長、日本民間放送連盟第5代会長、元郵政事務次官岐阜県出身。

来歴・人物[編集]

1974年昭和49年)にフジテレビの社長に就任し、1982年(昭和57年)まで8年間務めた。浅野が在任していた期間中の社内の主な出来事としては、フジネットワーク (FNS) の発足、自主制作番組のカラー映像化などがある。また、『ひらけ!ポンキッキ』の番組名の名付け親でもあった。

1946年(昭和21年)に勲六等瑞宝章1988年(昭和63年)に勲一等瑞宝章をそれぞれ受章した。1997年7月31日に81歳で死去した。

主な経歴[編集]

役員兼任[編集]

映画作品[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『日本官僚制総合事典』東京大学出版会、2001年11月発行、331頁

関連項目[編集]