浅野長員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

浅野 長員(あさの ながかず、延享2年5月17日1745年6月16日) - 文化5年6月20日1808年7月13日))は、安芸国広島新田藩の第3代藩主。

広島藩主・浅野宗恒の三男。子に娘(大田原光清正室)、娘(堀親民継室)。通称は左京。官位は従五位下、近江守。

明和6年(1769年)12月10日に先代藩主・長喬の養嗣子となる。その2日後に長喬が死去したため、翌年2月4日に家督を継いだ。同年2月15日、将軍徳川家治に拝謁した。同年12月16日、従五位下・近江守に任官する。寛政12年(1800年)9月10日、先代藩主・長喬が死んだ後に生まれた遺児の長容に家督を譲って隠居し、文化5年(1808年)に64歳で死去した。