浅野長太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

浅野 長太郎(あさの ちょうたろう、1856年9月7日安政3年8月9日[1]) - 1932年昭和7年)3月18日[1][2])は、明治から大正時代の政治家銀行家貴族院多額納税者議員

経歴[編集]

越中富山藩婦負郡笹倉村(富山県婦負郡速星村婦中町を経て現富山市)で[1]、大地主・浅野為都(ためと)の長男として生まれる[3]1884年(明治17年)以降、笹倉村会議員、同議長、速星村会議員、同村長、富山県会議員(3期[3])、婦負郡会議員、同議長代理、速星村農会長、同学務委員などを歴任した[2]1906年(明治39年)富山県多額納税者として貴族院議員に互選され、同年12月13日[4]から1911年(明治44年)9月28日まで在任した[2]。議員として神通川の治水事業、飛越線の敷設や大日本人造肥料の誘致などに尽力した[1][3]1913年(大正2年)には越中銀行を設立し、同頭取に就任した[1][3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 上田ほか 2001, 39頁.
  2. ^ a b c 衆議院、参議院 編 1960, 177頁.
  3. ^ a b c d 『富山大百科事典 上巻』25頁。
  4. ^ 『官報』第7039号、明治39年12月14日。

参考文献[編集]

  • 衆議院、参議院 編 『議会制度七十年史 第1』 大蔵省印刷局、1960年https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3034963 
  • 『富山大百科事典 上巻』北日本新聞社、1994年。
  • 上田正昭ほか 監修 『講談社日本人名大辞典』 講談社、2001年。ISBN 4062108496。