浅間神社 (横浜市西区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
浅間神社
浅間神社
所在地 神奈川県横浜市西区浅間町1-19-10
位置 北緯35度27分55秒
東経139度36分34秒
座標: 北緯35度27分55秒 東経139度36分34秒
主祭神 木花咲耶姫命
社格 村社
創建 1080年
本殿の様式 浅間造
別名 浅間さま
例祭 6月1日
テンプレートを表示

浅間神社(せんげんじんじゃ)は神奈川県横浜市西区にある神社。旧・芝生村(しぼうむら、現在の浅間町)の鎮守であった。横穴古墳が密集する袖すり山と呼ばれる丘の上に立地している。

祭神[編集]

祭神に木花咲耶姫命、相殿に天照大神武甕槌命を祀る。

歴史[編集]

承暦4年(1080年)、源頼朝浅間神社を勧請して造営されたと伝えられる。 当地は袖ヶ浦(入江)に面した帷子川の河口港として栄え、江戸時代東海道五十三次神奈川宿程ヶ谷宿間の宿であった。 幕末の横浜開港の際には、当社門前より横浜(現・関内)に到る「横浜道」が整備された。

関東大震災太平洋戦争で社殿は焼失し、現在の社殿は昭和戦後になって再興されたものである。

「芝生(しぼう)」は縁起が悪いため、この神社にちなんで浅間町と改名された。

社殿・境内[編集]

  • 本殿:浅間造
  • 境内社:小嶽社、稲荷社、招魂社
  • 浅間神社境内横穴古墳群:境内を中心に、周辺に群集している古代の横穴墓。地域の有力豪族の墓と伝えられる。
    • 富士の人穴:境内西側にあった横穴古墳のひとつで、富士山につながると伝えられていた。江戸時代は名所となっていた[1]が、周辺の開発によって取り壊された。
  • 裏手にある石段は、映画「姿三四郎」(1943年黒澤明監督)の舞台となった。
  • 浅間幼育園

祭事・年中行事[編集]

  • 例大祭:6月1日(浅間さまのお祭)
  • 露店やお神輿は6月の第1週目の土日

所在地・交通[編集]

神奈川県横浜市西区浅間町1-19-10

脚注[編集]

  1. ^ 小山一成「東海道「富士の人穴」安置 大日如来像」、『あしなか』第302号、山村民俗の会、2015年、 12-14頁、 ISSN 09119132

関連項目[編集]