浅香唯 少しおとなのシルエット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • 浅香唯 少し大人のシルエット
  • 浅香唯 すこし大人のシルエット
浅香唯
少しおとなのシルエット
ジャンル トーク番組
バラエティ番組
放送方式 録音
放送期間 1988年4月24日 - 1992年6月28日
放送時間 #ニッポン放送での放送時間の節を参照
放送局 ニッポン放送
制作 ニッポン放送
ネットワーク NRN系列
パーソナリティ 浅香唯
テーマ曲 『夏の朝に開くパレット』
中西俊博・作曲)
特記事項:
途中までコカコーラ・ボトラーズの一社提供であり、『COKE ON SUNDAY 浅香唯 少しおとなのシルエット』のタイトルで放送。
テンプレートを表示

浅香唯 少しおとなのシルエット[注釈 1](あさかゆい すこしおとなのシルエット)は、1988年4月24日から1992年6月28日までニッポン放送で放送されていたラジオ番組パーソナリティ浅香唯

概要[編集]

浅香唯がニッポン放送でパーソナリティを務めるのは『鶴光の代打逆転サヨナラ満塁ホームラン 花とおじさん』(1985年10月 - 1986年3月、木曜日アシスタント)に出演して以来2年ぶり。放送開始当初は、前番組『渡辺美里 ごきげんデイト』から引き続きコカコーラ・ボトラーズの一社提供番組として、『COKE ON SUNDAY 浅香唯 少しおとなのシルエット』のタイトルで放送されていた。なお、コカコーラ・ボトラーズは途中でスポンサーを降板している。

1989年4月から1990年9月の間はネット局が存在し、その中でも1989年10月期は最多の9局ネットで放送されていた。なお、各ネット局の番組表にはスポンサーが見られなかった[2]。これ以外の期間はニッポン放送のみでの放送だった[3]

フリートークも多い番組だった[4]。なお、はがきが採用されたリスナーには、番組特製「ごめんちゃいシール」(『こんなんやりましたけど』コーナーでクリア出来なかった問題を出したリスナーへ)などが贈られていた[4]。また、「浅香新聞」が当番組発で発行され続けた他、浅香自身が綴った日記が、インデックスカードなど全て浅香のデザインによるカセットブックとなり、番組オリジナルのスペシャルグッズとして発行された[5]

本番組で、浅香が女性リスナーのみを招待して語り合うイベント『女の子だけの・・・シリーズ』を行っていた[5]こともあって、徐々に女性リスナーが増加し、1989年後期には全体の25%強が女性リスナーだったという[4]

番組テーマ曲は中西俊博作曲の曲『夏の朝に開くパレット』。

ニッポン放送での放送時間[編集]

  • 毎週日曜日 23:30 - 24:00 (1988年4月24日 - 1990年6月24日)
  • 毎週日曜日 23:00 - 23:30 (1990年7月1日 - 1990年10月7日)
  • 毎週日曜日 24:00 - 24:30 (1990年10月14日 - 1992年6月28日)

主なコーナー[編集]

宮崎弁講座[6]
浅香のドリル
  • 浅香が小中学生が授業で勉強する内容の問題から幼稚園の入園テストまで、あらゆる出題に挑戦[4][7]。その後、スタジオ内での実験に凝ったことがあり、「牛乳瓶の中に火のついた紙を入れて、瓶の上にゆで卵を置いたら卵はどうなるか」という実験をやった時に、ゆで卵がそのまま瓶の中へ入るはずが半分だけしか落ちず、結局危険な実験ににもなりかねなかったため、火災報知機が鳴るかと心配されたこともあったという[8]
トキメキテレフォン
  • 応募して来た中から選ばれたリスナーが、浅香と電話でデートが出来るというコーナー。ここから「ゲンくんの彼女をさがせ」というコーナーも派生してスタートした[7]
浅香のこんなんやりましたけど
  • 「浅香のドリル」終了後にスタートしたコーナー。リスナーから出された珍問・奇問や無理難題などあらゆる問題に浅香が挑戦。問題が出来なかった場合、出題者に「ごめんちゃいシール」が贈られていた[4]
ショートストーリー
  • ショートストーリーと共に、曲を紹介。リスナーからのリクエストも受け付けていた[5]
その他
  • 浅香唯自身に関するクイズ企画を放送したことがあり、ここでは浅香とリスナーが電話で対決する方式などが行われた。
  • なお、この番組が始まって1年6か月くらいの間は「(1989年10月の時点でも)ひと月に新コーナー1つが始まるほどの目まぐるしさで、それまでいくつコーナーが生まれたのかわからない」ほど、それまでのコーナー数が多かった[9]

ゲスト[編集]

番組出来事[編集]

  • 1989年9月3日放送回では浅香が“都合”で番組を休み、急遽ピンチヒッターとして浅香の“大親友”を自称する「川崎亜紀」[注釈 2]が番組に登場。浅香の意外な素顔や裏話を披露した。その後「また川崎亜紀を呼んでくれ」などといったリスナーのリクエストが多く集まったという[5]

ネット局[編集]

1989年1月 - 1990年3月
  • KBCラジオ:土曜24:05 - 24:35(1989年4月 - 1989年9月)→ 日曜23:30 - 24:00(1989年10月 - 1990年3月)
1989年10月 - 1990年3月
1990年4月 - 1990年9月

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 『少し大人のシルエット』『すこし大人のシルエット』という表記ゆれもあったが、ニッポン放送の番組表においては、この4年間一貫して『少しおとなのシルエット』という表記であったため、これを正式タイトルとしてこの項目名とする[1]
  2. ^ 「川崎亜紀」は、浅香唯の当時の本名と同じ名前である。

出典[編集]

  1. ^ ラジオ新番組速報版三才ブックス)1988年秋号、1989年春号、1989年秋号、1990年春号、1990年秋号、1991年春号、1991年秋号、1992年春号 それぞれニッポン放送のページより。
  2. ^ ラジオ新番組速報版三才ブックス)1988年秋号、1989年春号、1989年秋号、1990年春号、1990年秋号、1991年春号、1991年秋号、1992年春号 各ネット局の番組表より。
  3. ^ ラジオ新番組速報版三才ブックス)1988年秋号、1989年春号、1989年秋号、1990年春号、1990年秋号、1991年春号、1991年秋号、1992年春号「番組ネット局一覧表」より。
  4. ^ a b c d e 月刊ラジオパラダイス 1989年12月号「<特集>なんてったってアイドルラジオ」p.16
  5. ^ a b c d 月刊ラジオパラダイス 1989年11月号 p.67「R・P NEWSパレット アイドルプログラム・ニュース」
  6. ^ 月刊ラジオパラダイス 1989年2月号「<特集>アイドルラジオ宣言!」p.3
  7. ^ a b 月刊ラジオパラダイス 1989年7月号 p.62「R・P NEWSパレット アイドルプログラム・ニュース」
  8. ^ 月刊ラジオパラダイス 1989年8月号 p.65「R・P NEWSパレット アイドルプログラム・ニュース」
  9. ^ DUNK集英社)1989年12月号「アイドルDJ秋の陣」(p.130)
ニッポン放送 日曜23:30 - 24:00 枠
(1988年4月24日 - 1990年6月24日)
前番組 番組名 次番組
浅香唯
少しおとなのシルエット
中山美穂
P.S. I LOVE YOU

(23:30 - 24:30)
ニッポン放送 日曜23:00 - 23:30 枠
(1990年7月1日 - 1990年10月7日)
中山美穂
P.S. I LOVE YOU
浅香唯
少しおとなのシルエット
中山美穂
P.S. I LOVE YOU
(23:00 - 24:00)
ニッポン放送 日曜24:00 - 24:30 枠
(1990年10月14日 - 1992年6月28日)
中山美穂
P.S. I LOVE YOU
(23:30 - 24:30)
浅香唯
少しおとなのシルエット
松雪泰子
星の輝く夜に…