浅香年木

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

浅香 年木(あさか としき、1934年3月6日[1] - 1987年4月25日[1])は、日本の歴史学者。

経歴[編集]

金沢市生まれ。1956年金沢大学法文学部卒業[1]

高校教師を経て、1965年国立石川工業高等専門学校講師、1971年に助教授、1980年に教授[1]1987年金沢女子大学教授[1]

日本古代・中世の手工業史と北陸地域史研究を専門とした[1]

1979年に「北陸古代史の研究」により、明治大学から文学博士学位を授与される[2]

著作・論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 吉岡康暢 1987
  2. ^ 書誌事項(CiNii Dissertations)”. 国立情報学研究所. 2017年5月2日閲覧。

参考文献[編集]

  • 吉岡康暢「追悼 浅香年木教授」『北陸史学』第36号、北陸史学会、1987年、 61-64頁、 NAID 40003526518